ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

当ブログの人気記事トップ10

当ブログは小児医療に関する情報提供の場で、 保護者の方々が直面しやすい悩み 小児科外来でよく質問されること 保護者の方々に知っておいて欲しいこと 小児の病気の簡単な解説 医学英語論文の解説 をテーマに続けてきました。 育児や小児医療の情報は巷には…

小児のてんかんって何ですか?

てんかんって何ですか? てんかんは、けいれんを繰り返す状態を言います。 けいれんは、脳の電気活動の異常でして、いわば脳の中に嵐が起きた状態です。この時、意識はなくなり、異常な行動をとったり、手足が小刻みに震えることがあります。 てんかんはどの…

こどもの頭痛について簡単に解説します

『こどもが頭を痛がっていて心配です』と受診されることがあります。 実は、こどもの頭痛は非常に多いです。 例えば、体調を悪くした時は、頭痛も一緒に出てくることがあります。 今回は頭痛について簡単に解説します。 こどもに多い頭痛は2種類 こどもに多…

小児の心膜炎について説明します

心膜炎は稀な疾患ですが、非常に重篤な状態になるケースがあるので、小児科医が外来で細心の注意を払っている疾患です。 『心膜炎(しんまくえん)』と言われても、イメージが湧きづらいと思いますので、今回は簡単に説明をしてみようと思います。 心膜炎 = …

背が低いのですが、大丈夫でしょうか?

『身長が低くて心配です。何か病気でしょうか?』 と外来で相談されることが時々あります。 特に4-5歳〜10台までのお子さんの保護者から相談が多い傾向にあります。 身長・体重計測して医師に診てもらえる健診は3歳で終わり、その後は相談先があまりないの…

こどもの咳の原因や、受診の目安について

今回はこどもの咳について、広く浅く説明していきましょう。 なぜ咳をするのですか? 咳は空気の通り道をきれいにしたり、異物が気管支や肺に入らないように起こる反射です。 ▪️ 乾いた咳と湿った咳 ひょっとしたら小児科医から『咳は乾いていますか?』と質…

ワクチン後に解熱薬を使っても抗体(免疫)は獲得できるでしょう

▪️ ワクチン摂取後に発熱することがあります ワクチン摂取後に発熱してしまうことがあります。 ほとんどは1日以内に発熱して、熱は長引かないことが多いです。 発熱しやすいワクチンもあり; 肺炎球菌ワクチン インフルエンザワクチン 四種混合ワクチン な…

小児栄養学 〜その7:子供における食物繊維の適量は?〜

菜食主義と聞くと食物繊維を沢山摂取することをイメージされる方が多いと思います。 今回は、食物繊維の摂取が子供の健康にどのような影響があるのかをみていきましょう。 食物繊維を摂取するメリットとデメリット 食物繊維を摂取することはメリットばかりと…

急性虫垂炎(盲腸)について解説します

急性虫垂炎について 小児科医が腹痛で受診された子供で恐れている疾患の一つが急性虫垂炎です。 一般の方は「もうちょう(盲腸)」といっていますが、虫垂に炎症が起きているため、医学的には「虫垂炎」という名称が正しいです。 ▪️ 急性虫垂炎を起こしやす…

乳幼児にフルーツジュースを習慣的に飲ませると、肥満・低身長の原因になるかもしれない

前回「果汁は1歳になるまで与えないほうが良いでしょう」という記事が、非常に反響がありました。 「果汁は1歳までは与えないでよいでしょう」と前回は説明してきましたが「1歳以降はどうなの?」と思われる方もいるでしょう。 今回は2歳と5歳の小児で…

夢遊病ってなんですか?

はじめに:夢遊病とは? 夢遊病とは「本人は眠っているのに、歩いたり、話したりする」状態をいいます。 夢遊病は子供に多いので、時々、保護者の方が驚いて受診されることがあります。 ですが、ほとんどのケースで治療は必要なく、成長とともに消失します。…

小児栄養学 〜その6:ビタミンDとB12不足について〜

ビタミンDについて ビタミンDの役割は主に2つでして; カルシウムやリンの吸収 骨の形成 を助ける役割があります。 ▪️ 日光からビタミンD ビタミンDは日光と食品の組み合わせが必要です。 日光浴をすることで、ビタミンD3が合成されます。 具体的に、日光…

こどもの肥満について解説します 〜基本編〜

こどもの肥満は健康に悪影響 こどもの肥満も健康に悪影響でして、例えば 肝疾患(脂肪肝など) 喘息 高血圧 膝痛・腰痛 睡眠時無呼吸 の原因になると言われています。 ▪️ 10代の肥満は、大人になってからも悪影響が続きます 特に10代で肥満となると、成人後…

【査読】スウェーデンの子宮頸癌の発症率増加は、HPVワクチンと関連している可能性はあるのか?

今回はこちらの論文をピックアップしました。 Twitter上で様々なコメントがみられており、一部の方は混乱しているのかもしれません。 私自身は小児科医であり疫学者で、普段は小児の健康に関するデータを扱う仕事もしています。一個人として、こちらの論文を…

小児栄養学 〜その5:菜食主義からみた亜鉛とカルシウム不足について〜

亜鉛はオイスターやレバー、カルシウムは乳製品に豊富に含まれるため、厳しい食制限をする菜食主義の場合、亜鉛やカルシウムが不足してしまう可能性もあります。 今回はこどもの亜鉛とカルシウムについて説明していきます。 亜鉛について ▪️ 亜鉛の必要摂取…

こどもの尿路感染症について解説します

尿路感染症について 尿路感染症とは、膀胱・尿管・腎臓といった尿が流れる組織に細菌が感染した状態をいいます。 ▪️ 尿路感染症を起こしやすい年齢 尿路感染症が多いのは0〜2歳です。 0〜2歳の乳幼児の発熱のうち5%くらいは尿路感染症といわれています…