ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記〜

母乳はいつまで続けるべきかメリットとデメリットを解説します

母乳栄養について 一般論ですが、母乳栄養は人工栄養より優れています。 現に世界保健機関 (WHO) から『母乳栄養は途上国の乳児死亡率を改善させる』と報告されました。 また、途上国のみでなく、母乳の有効性は、先進国でも再認識されています。 卒乳ってな…

トイレ・トレーニングとオムツが外せる時期について

トイレ・トレーニングはいつから始めたらよい? 『トイレ・トレーニングをいつから始めたら良いですか?』と外来で質問されることが、よくあります。 実は、トイレ・トレーニングを始めるにベストなタイミングはよく分かっていません。このため、大体の目安…

離乳食の開始時期を小児科医なりに考える

離乳食は生後5〜6ヶ月からです 母乳や粉ミルクは、非常に重要な栄養源です。 ですが、体が大きくなるにつれて、徐々に栄養が足りなくなってきます。 このやめ、離乳食が必要になってきます。 ■ 離乳食の開始が生後5〜6ヶ月からの理由 離乳食を生後5〜6…

耳垢はとってもらったほうが良いですか?

耳垢(みみあか)のポイント 耳垢は古い表皮、皮脂、ほこりからできます 掃除は月に数回で十分です、無理にとらなくても良いです 耳の穴付近の耳垢をやさしくとってあげましょう そもそも『耳垢(みみあか)』ってなんですか? 耳垢は; 耳の通り道(外耳道…

3歳児健診のチェックポイント

3歳児ですと、身体的・精神的にかなり発達が進んできます。 体型も乳児体型から幼児体型に変化します。 筋肉・骨格も徐々にしっかりしてきます。 言葉の発達も進み、自我の確立が芽生え、社会性も身につけます。 日常生活でも、食事や排泄で自立してきます…

1歳半健診の後に読むとよいでしょう

小児科医が診る身体発達のポイント 1歳6ヶ月健診の時は、全身を診察するのが基本ですが、頭部・歯・腹部・脚を入念に診るのが一般的です。 ■ 頭部について 1歳半になると、大泉門が閉鎖しますので、頭のてっぺんより前側を触って確認します。 ■ 歯につい…

【書評】ネイティブに笑われないクールイングリッシュ(著者:サマー・レイン)

ネイティブに笑われないクールイングリッシュ ―日本人の9割はダサい英語を話している (impress QuickBooks) 作者: サマー・レイン 出版社/メーカー: インプレス 発売日: 2016/10/21 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 日本人の9割はダサい英語…

9〜10ヶ月健診後に読むとよいでしょう

生後9〜10ヶ月 「はいはい」「つかまり立ち」が始まるでしょう。徐々に上手になり、スピードも早くなっていきます。 中には、腰を上げて膝を浮かせ、足を床につけた『高ばい』をする子もいます。 椅子やテーブルをつかみ、つかまり立ちも始まります。 最…

6〜7ヶ月健診はここを診ています

乳児では、運動発達と精神発達はほぼ比例しています。 運動発達の評価から、精神発達を推測するため、運動機能の評価が重要です。 粗大運動の発達 6〜7ヶ月健診では、満6ヶ月以上8ヶ月未満の乳児が対象です。 粗大運動の発達は個人差が大きい時期ですの…

3〜4ヶ月健診はここを診ています

3〜4ヶ月健診の役割 健常な乳児は、運動・神経・精神の発達は並行しています。 乳児では、特に運動発達のチェックが重要となります。3ヶ月健診では、適切に栄養が取れて、その結果、運動発達が適切かどうかを確認しています。 赤ちゃんの姿勢をみています…