感染症

小児における尿路感染症に対する短期間の抗生物質静注コース:システマティックレビュー

今回は小児における尿路感染症の抗生剤の治療戦略についてです。

ユーキ先生
ユーキ先生
尿路感染症の抗生剤の使い方の論文がでていましたね。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • UTIは生後90日未満の乳児に最も多くみられる重篤な細菌感染症
  • 髄膜炎を除外し、敗血症の特徴がなければ、生後90日未満の乳児に対して、菌血性UTIでは7日以下、非菌血性UTIでは3日以下の短い抗生剤の点滴期間を検討 

参考文献

Hikmat S, Lawrence J, Gwee A. Short Intravenous Antibiotic Courses for Urinary Infections in Young Infants: A Systematic Review. Pediatrics. 2022 Feb 1;149(2):e2021052466. doi: 10.1542/peds.2021-052466. PMID: 35075480. 

 2022年にPediatricsから公表されたようです

幼小児における尿路感染症に対する短期間の抗生物質静注コース[システマティックレビュー編]

研究の背景/目的

尿路感染症(UTI)は幼児に多くみられるが,静脈内治療の至適期間に関する指針はない. 

生後90日以内の乳児の尿路感染症の管理に、より短い抗生剤の静注コース(7日以下)が適切であるかどうかを検討することを目的として、システマティックレビューが行われた。 

研究の方法

PubMed,Cochrane Library,Medline,Embase(2021年2月)をデータソースとして用いた。含まれる研究は,生後90日以下の乳児のUTIに関するオリジナルデータを報告し,短期の抗生物質静注期間(7日以下)を研究し,少なくとも1つの治療アウトカムを記述したものである。PRISMAガイドラインに従った。 

研究のスクリーニングは2名の研究者が行い、Newcastle-Ottawa ScaleとRevised Cochrane Risk-of-Bias Toolを用いてバイアスを評価した。 

Dr.KID
Dr.KID
生後3ヶ月未満の赤ちゃんが対象のようですね。

研究の結果

16,615人の幼児を対象とした18件の研究が含まれた。 

菌血性尿路感染症に関する最大規模の2件の研究では、7日以下の抗生物質静注療法と7日以上の抗生物質静注療法の間で、30日後の再発率に差はみられなかった。 

非菌血症性尿路感染症では,最大規模の2件の研究で,3日以内の抗生物質静注療法と3日以上の抗生物質静注療法の間で,調整後の30日後再発率に差はなかった. 

生後30日以上の乳児を対象とした3件の研究では、経口抗生物質のみを使用し、良好な転帰を報告していたが、生後90日未満の乳児は85人のみであった。 

結論

髄膜炎を除外したのちに、菌血性尿路感染症および非菌血性尿路感染症の生後90日以内の乳児には,抗生剤の静注コースを7日以下,3日以下に短縮し,早期に経口剤に切り替えることを検討すべきと考えられた。 

この年齢層では,経口抗生物質のみによる治療について,さらなる検討が必要である。 

考察と感想

抗生物質の静脈内投与期間を短縮し、早期に経口投与に切り替えることは、小児とその家族のQOLを向上させ、入院期間、院内感染のリスク、医療費を削減することができるから重要であると思いました。 

一方で、経口投与の切り替えるかは、その地域での耐性菌の分布、薬剤感受性の結果が分かるまでの時間など、様々な要素が絡んでくる気がします。 

Dr.KID
Dr.KID
一定の傾向があるでしょうが、その地域によりけりな部分もあるでしょう。

まとめ

UTIは生後90日未満の乳児に最も多くみられる重篤な細菌感染症です。 

髄膜炎を除外し、敗血症の特徴がなければ、生後90日未満の乳児に対して、菌血性UTIでは7日以下、非菌血性UTIでは3日以下の短い抗生剤の点滴期間を検討すべきであることが本研究で明らかにされました。 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/06/23 21:41:45時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。