麻疹

初回接種のMMRワクチン接種率が高い小学生における麻疹のアウトブレイク[シンガポール編]

麻疹は、適切な予防接種が行われている場合には防ぐことができる感染症であり、多くの国々でその発生が減少しています。

しかし、ワクチン接種のカバレッジが不十分な地域や集団では、まだ麻疹のアウトブレイクが報告されています。

シンガポールのある小学校での麻疹のアウトブレイクに関するこの研究は、高いMMR(麻疹、流行性耳下腺炎、風疹)ワクチンの接種率にもかかわらず発生した事例を取り上げています。

この研究は、ワクチンの有効性を評価し、アウトブレイクを防ぐためのさらなる戦略を提案することを目的としています。

 
参考文献

Ong G, Rasidah N, Wan S, Cutter J. Outbreak of measles in primary school students with high first dose MMR vaccination coverage. Singapore Med J. 2007 Jul;48(7):656-61. PMID: 17609829.

初回接種のMMRワクチン接種率が高い小学生における麻疹のアウトブレイク[シンガポール編]

研究の背景/目的

シンガポールでは1998年に2回接種の流行性耳下腺炎、麻疹、風疹(MMR)ワクチン政策が実施されているにもかかわらず、麻疹の症例が継続して発生しています。

2004年4月17日から5月6日までの小学校での麻疹のアウトブレイクを調査し、すべての症例を特定し、ワクチンの有効性(VE)を評価し、アウトブレイクの管理策を実施しました。

研究の方法

麻疹の症例は、アウトブレイク期間中に発疹と発熱を持つ者(咳、鼻炎、結膜炎の有無は問わず)で、検査室で確認された麻疹感染、または検査室で確認された麻疹患者と疫学的に接触している者として定義されました。

ワクチンの接種状況は、生徒の健康手帳から取得し、国家予防接種登録簿で確認しました。

未接種者(ARU)および接種者(ARV)の生徒の発症率を計算し、次の式を使用してVEを評価しました:VE(パーセント)= [(ARU-ARV) / ARU] x 100 パーセント。

研究の結果

小学3年生と小学6年生の5つのクラスに所属する8歳から14歳の9人の生徒が、麻疹を持っていると疫学的に関連していることが分かりました。

彼らのうち、MMRワクチンの2回目の接種を受けていた者はいませんでした。

影響を受けたクラスの生徒の93%(n = 184)が、MMRワクチンを少なくとも1回接種したという事前の文書化された証拠を持っていたのに対して、学校全体の登録生徒(n = 1,309)の96.5%に対してでした。

接種したグループでの発症率は1.2%(2/171)、未接種のグループでは53.8%(7/13)でした。

影響を受けたクラスでのMMRの初回接種のVEは97.8%でした。

結論

ブースター接種を受ける前に潜在的なアウトブレイクを防ぐために、MMRワクチンの初回接種のカバレッジを高くすることが重要です。

考察と感想

シンガポールの麻疹と麻疹ワクチンの導入の歴史は以下の通りです:

  • 1970年代:麻疹はシンガポールでの一般的な感染症の一つであり、1969年から1978年までの10年間にシンガポール総合病院に入院した49,401人の子供のうち1.58%が麻疹を持っていた。
  • 1976年10月:麻疹ワクチンがシンガポール国立子供予防接種プログラムに導入された。
  • 1985年8月:麻疹のワクチン接種が12-24ヶ月の子供に対して法律で義務付けられた。
  • 1997年:麻疹の症例の急増を受けて、7月から11月までの間に”catch-up vaccination”が行われた。
  • 1998年1月:専門家委員会が、11-12歳の全ての小学校の子供たちに対して、MMRワクチンの一部としての麻疹のブースター接種を導入することを推奨した。
  • 1998年:2回目のワクチン接種が導入されて以降、麻疹の発生率は低くなった。1999年には65例、2000年には141例が確認された。それ以降、2001年には61例、2002年には57例、2003年には33例に減少した。しかし、2004年には96例に増加し、2005年には再び33例に減少した。
  • 麻疹ブースター導入後、報告された症例の年齢分布が15歳以上から、まだ予防接種を受けていない1歳未満の子供たちに移行したことが確認された。
  • 2004年4月から5月にかけて、小学校で麻疹のアウトブレイクが発生し、全ての症例の特定、ワクチンの有効性の評価、およびアウトブレイクの管理策の実施を目的とした調査が行われた。

高い予防接種率ではあるものの、アウトブレイクは起こりえる状況で、特に予防接種を受けていない子どもを中心に起こっているのがよくわかります。ワクチンの有効性が非常に高いにもかかわらずアウトブレイクが発生したことは、ワクチン接種の完全性やタイミング、そしてコミュニティ内の全体的な免疫の状態に関する考慮が必要であることを示唆しています。

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/05/19 20:55:36時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。