小児科

SLITとSCITの長期的な有効性について

この研究では、アレルゲン免疫療法がアレルギー性鼻炎、アレルギー性喘息、ハチ毒アレルギーの患者に対してどの程度効果的であるかを検討しています。

また、皮下免疫療法と舌下免疫療法が、治療中止後の長期的な臨床効果をもたらすことができる疾患の根本原因を修正する能力についても検証しています。

 

SLITとSCITの長期的な有効性について

研究の背景/目的

アレルゲン免疫療法は、アレルギー性鼻炎、アレルギー性喘息、ハチ毒アレルギーを持つ選ばれた患者に対して非常に効果的である。抗アレルギー薬とは異なり、皮下免疫療法および舌下免疫療法の両方が、治療中止後の長期的な臨床効果を証明する疾患の根本原因を修正することが示されている。

研究の方法

このレビューでは、治療中止後に少なくとも1年間盲検フォローアップが含まれたアレルゲン免疫療法の10件のランダム化二重盲検プラセボ対照臨床試験を分析した。

研究の結果

花粉皮下免疫療法の3つの研究は、3年間の治療後に皮下免疫療法の持続的で耐容性のある効果が得られることを示している。

舌下免疫療法の6件の試験は、イネ科花粉、ハウスダストマイト、スギ花粉免疫療法後の長期的な臨床効果および持続的な免疫学的変化について確かな証拠を提供している。

一方、舌下および皮下イネ科花粉免疫療法の両方を対象とした臨床試験では、2年間の免疫療法が効果的であるものの、長期的な耐性を誘導するには不十分であることが示された。

結論

これらの研究は、疾患の修正および持続的な臨床および免疫学的耐性を達成するために、証明された価値のあるアレルゲン免疫療法を少なくとも3年間推奨する国際ガイドラインを強力に支持している。

考察と感想

この研究は、アレルゲン免疫療法の効果に関する洞察に富んだ情報を提供しており、アレルギー性疾患に対する長期的な治療戦略に対する理解を深める助けとなるものであると感じました。皮下免疫療法と舌下免疫療法が、抗アレルギー薬とは異なり、疾患の根本原因を修正する能力を持つことが示されたことは特筆すべき点です。

また、治療期間と持続的な耐性の関係についての調査は、アレルゲン免疫療法の最適な治療期間を見極める上で非常に役立つ情報を提供しています。国際ガイドラインが推奨する最低3年間の免疫療法が、疾患の修正と持続的な臨床および免疫学的耐性の達成に適切であることが示唆されていることは、治療戦略の策定において重要な示唆を与えてくれます。

しかし、個々の患者の状況によっては、研究で示された治療期間や方法が最適でない場合もあることを考慮する必要があります。今後の研究では、より個別化された治療戦略を開発することが求められるでしょう。全体として、この研究はアレルゲン免疫療法の有効性と治療期間に関する重要な知見を提供しており、アレルギー患者の治療法選択に役立つと感じました。

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/05/19 20:55:36時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。