科学的根拠のある子育て・育児

RSウイルス感染症の疫学:日本

RSVに関する血清有病率調査からのエビデンスをまとめるために、系統的な文献レビューが行われた研究を紹介します。

 

RSウイルス感染症の疫学:日本

研究の背景/目的

RSウイルス(RSV)は、乳幼児期の気管支炎や肺炎の入院の主な原因です。日本では、乳児のRSVの疫学や臨床特性についての公開データは限られています。

研究の方法

この後ろ向き研究では、2017年1月から2018年12月までの2歳未満の日本の子どもたちの中でRSVの発生率、季節性、患者の特性、リソースの使用、そして臨床結果を説明しています。

RSVの症例はJMDCのデータベースを使用して確認されました。

研究の結果

データベースでは、2017年と2018年にそれぞれ9,711例と8,509例の2歳未満のRSV患者が特定されました。

これらのうち、25%が入院を必要としました。入院した患者の90%は既知のRSVリスク因子を持っていませんでした。

入院した患者の19%が脱水症状を経験し、12%が急性呼吸不全を経験しました。入院期間は平均で1週間であり、7%が何らかの形での人工呼吸を必要としました。

入院のピークは生後2ヶ月時でした。2歳未満の子供のRSV入院率は1,000人年あたり23.2件で、これは6ヶ月未満の乳児で1,000人年あたり35.4件に増加しました。この年齢層は2歳未満の子供のすべてのRSV関連入院の40%を占めていました。

結論

2歳未満のRSV患者の約四分の一が入院していました。これらの90%は基礎疾患を持っていなかった。これは、RSVがすべての幼い子供たちに深刻な疾患を引き起こす可能性があることを強調しています。

RSVに罹患した生後6ヶ月未満の日本の子供の3〜4人に1人が入院しており、この年齢層はRSV関連入院の約40%を占めていました。特に幼い乳児を対象とした新しい、広範囲のRSV予防策が必要とされています。

考察と感想

RSウイルス(RSV)が乳幼児の重大な健康問題であることが明確に示されています。特に、2歳未満の子供たちの中で、RSVによる入院の25%が発生し、その多く(90%)が明確なRSVリスク因子を持っていなかったという事実は、このウイルスが一般の幼児の健康に及ぼす可能性のある影響を示しています。

重要な観察結果の一つは、6ヶ月未満の乳児がRSVによる入院の大部分(約40%)を占めていたという点です。これは、特にこの年齢層に対する防御策が急務であることを示しています。

また、RSVによる入院のピークが2ヶ月時であったという点も注目に値します。これは、RSVの感染を防ぐための介入が可能ならば、生後2ヶ月以前にそれを行うべきであることを示しています。

この研究は、日本でのRSVの実態を明らかにし、特に幼児を対象とした予防策の必要性を強調するものです。一方で、この研究は後方視的なものであり、RSVの全体像を描くためには大規模で前向きな研究が必要でしょう。

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/06/24 21:42:20時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。