小児科

小児急性腎盂腎炎(APN)における腎瘢痕形成の減少に対する補助的なステロイド投与の有効性と安全性

この論文は、小児急性腎盂腎炎(APN)における腎瘢痕形成の減少に対する補助的なステロイド投与の有効性と安全性に関する現行文献の要約を提供することを目的としたメタアナリシスです。

小児急性腎盂腎炎(APN)における腎瘢痕形成の減少に対する補助的なステロイド投与の有効性と安全性

研究の背景/目的

小児のAPNは、腎瘢痕を引き起こし、永久的な腎損傷の主要な原因の一つです。発熱性尿路感染症(UTI)1回後の腎瘢痕発生率は2.8~15%と報告されており、3回以上の発熱性UTI後には28.6%に上昇するとされています。ステロイドは、腎瘢痕形成と尿中サイトカインレベルの低下に役割があると考えられています。

研究の方法

最近の無作為化比較試験(RCT)で、小児のAPNにおいて腎瘢痕形成の減少に対する補助的なステロイド投与の利益が検討されました。

このメタアナリシスは、2022年10月12日までの、小児のAPNにおいて腎瘢痕の予防における補助的なステロイドの有効性と安全性を検討したRCTを対象とした広範な文献検索(PubMed/MEDLINEおよびScopus)を行いました。二項的なアウトカムには95%信頼区間(CI)を持つリスク比が使用されました。

研究の結果

合計で、5つのRCTが含まれ、918人のAPNの小児患者が研究に参加しました。補助的なステロイド治療は、腎瘢痕の有意な減少(95% CI 0.42-0.95、p = 0.03)を示しましたが、細菌血症、入院期間の延長、UTIの再発などの有害事象のリスクは増加しませんでした。

この研究にはいくつかの限界がありました。
サンプルサイズが498人の小児に限られていたこと、異なるステロイドのクラス(メチルプレドニゾロンまたはデキサメタゾン)が使用されていたこと、ステロイドの投与経路(静脈内または経口)、および異なる日数コース(3日間または4日間コース)があったことが挙げられます。

結論

補助的なステロイド投与は、小児のAPNにおける腎瘢痕減少に有益な効果があるように見えます。今後の研究では、APN後の腎瘢痕減少におけるステロイドの有効性と安全性の評価に焦点を当てることで、本研究の結果を裏付けるべきです。

考察と感想

小児の急性腎盂腎炎(APN)に対する補助的なステロイド治療の有益性について興味深い知見が得られたと感じます。腎瘢痕の減少は、将来の腎機能障害や高血圧のリスクを低減する可能性があります。このメタアナリシスにより、補助的なステロイド治療が腎瘢痕形成の減少に役立つことが示されましたが、サンプルサイズが限られているため、より大規模な研究が必要です。

また、ステロイドの種類や投与経路、治療期間に関する違いが報告されているため、最適な治療法や投与量を特定するために、これらの要素についての追加研究が必要です。

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/05/19 20:55:36時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。