感染症

妊娠中の母親の共通感染症と子供の小児白血病:6つの国際出生コホートからの知見

妊娠中の感染症と子供の白血病に関して検討された論文をご紹介しようと思います。

マミー
マミー
妊娠中の感染症って子供に影響しますか?

ユーキ先生
ユーキ先生
感染症の種類にもよるかもしれないです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • 6つの国際出生コホートからの知見
    妊娠中の尿路および呼吸器感染症は小児白血病と関連する可能性がある
    転帰が稀であることから、絶対リスクは小さいと考えられる。 

参考文献

He JR, Hirst JE, Tikellis G, Phillips GS, Ramakrishnan R, Paltiel O, Ponsonby AL, Klebanoff M, Olsen J, Murphy MFG, Håberg SE, Lemeshow S, F Olsen S, Qiu X, Magnus P, Golding J, Ward MH, Wiemels JL, Rahimi K, Linet MS, Dwyer T; International Childhood Cancer Cohort Consortium. Common maternal infections during pregnancy and childhood leukaemia in the offspring: findings from six international birth cohorts. Int J Epidemiol. 2022 Jun 13;51(3):769-777. doi: 10.1093/ije/dyab199. Erratum in: Int J Epidemiol. 2021 Oct 27;: PMID: 34519790. 

 2022年にIJEから公表されたようです

妊娠中の母親の共通感染症と子供の小児白血病:6つの国際出生コホートからの知見

研究の背景/目的

これまでの疫学研究で、母親の感染症と小児白血病との間に正の相関があることがわかっているが、前向きコホート研究からの証拠はほとんどない。 

我々は、大規模な前向きデータを用いて、その関連性を検討することを目的とした。 

研究の方法

オーストラリア、デンマーク、イスラエル、ノルウェー、英国、米国の6つの人口ベースの出生コホート(1950年代から2000年代の参加)からデータをプーリングした。 

主要アウトカムは、あらゆる小児白血病と急性リンパ性白血病(ALL)、副次アウトカムは急性骨髄性白血病(AML)およびあらゆる小児がんであった。 

曝露は、母親の自己申告による感染症[インフルエンザ様疾患、風邪、あらゆる呼吸器感染症、膣鵞口瘡、膣感染症、尿路感染症(膀胱炎を含む)]および妊娠中の感染関連症状(発熱、下痢)であった。 

共変量調整ハザード比(HR)および95%信頼区間(CI)は、マルチレベルCoxモデルにより推定した。 

Dr.KID
Dr.KID
様々な国のデータが入っているのですね。

研究の結果

追跡期間中央値13.6年の小児312 879人において、ALL 129人およびAML 33人を含む167人の白血病が同定された。 

母親の尿路感染症は、あらゆる白血病[HR(95%CI)1.68(1.10-2.58)]およびALL[1.49(0.87-2.56)]とAML[2.70(0.93-7.86)]のリスク上昇に関連していたが、あらゆる癌[1.13(0.85-1.51)]とは関連がなかった。 

呼吸器感染症は、あらゆる白血病[1.57(1.06-2.34)]、ALL [1.43(0.94-2.19)]、AML [2.37(1.10-5.12)] およびあらゆる癌[1.33(1.09-1.63)]のリスク上昇と関連があった;インフルエンザ様疾患は同様のパターンがあったが推定値があまり正確でない。その他の感染症と転帰との関連性を示す証拠はなかった。 

結論

妊娠中の尿路および呼吸器感染症は小児白血病と関連する可能性があるが、転帰が稀であることから、絶対リスクは小さいと考えられる。 

 

考察と感想

ハザード比のような比でみるとリスクが大きく上昇しているように見えますが、実際の発症割合は30万人いて100人ほどですので、極めて小さなリスクの上昇のような気もします。 

感染症そのものが原因なのか、投薬された薬物なのか、あるいは感染にかかりやすい遺伝的な背景なのか、そういった点はクリアにされていないので、必要以上にこの結果から恐れすぎる必要もない気がしています。  

Dr.KID
Dr.KID
ただ、アウトカムがかなり稀なので、研究そのものが難しいですね。

 

まとめ

6つの国際出生コホートからの知見でした。

妊娠中の尿路および呼吸器感染症は小児白血病と関連する可能性があるが、転帰が稀であることから、絶対リスクは小さいと考えられます。 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/05/19 20:55:36時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。