麻疹

麻疹に曝露後の麻疹ワクチン接種 [フィンランド編]

1975年末、フィンランドのトゥルク市で麻疹の大規模な流行が発生しました。この背景のもと、O Ruuskanen, T T Salmi, P Halonenらの研究チームは、自然な麻疹に曝露した後での麻疹ワクチン(Schwartz株)の反応と効果について詳細に調査しました。

特に、麻疹への曝露後に接種されたワクチンの安全性や効果、さらには麻疹の流行をどの程度制御できるかに焦点を当てて研究が行われました。

参考文献

Ruuskanen O, Salmi TT, Halonen P. Measles vaccination after exposure to natural measles. J Pediatr. 1978 Jul;93(1):43-6. doi: 10.1016/s0022-3476(78)80597-6. PMID: 650343.

麻疹に曝露後の麻疹ワクチン接種 [フィンランド編]

研究の背景/目的

1975年末、フィンランドのトゥルク市で麻疹の大規模な流行が発生しました。この背景のもと、自然な麻疹に曝露した後での麻疹ワクチン(Schwartz株)の反応と効果について詳細に調査しました。

研究の方法

1975年末にトゥルクで大規模な麻疹の流行が発生した際、以前の442人の子供たちにおける麻疹ワクチン反応の研究の利用可能性により、自然な麻疹に曝露された後に接種された麻疹ワクチン(Schwartz株)の反応と効果を比較評価した。

研究の結果

予備的な研究では、9人の子供が麻疹の前兆症状が現れる前に、自然な麻疹に曝露されてから1〜14日後に接種されました。これらの9人のうち、自然な病気のそれらと同等の症状と徴候を発症したのは1人だけでした。

5つの保育園では、各センターで30〜40人の子供のうち5人以上が麻疹を持っていたときに、子供たちが接種されました。74人の曝露された子供のうち、自然な麻疹のそれらと同等の徴候と症状が見られたのは5人だけでした。

接種後の曝露された子供と非曝露子供との間で、徴候と症状に顕著な違いは観察されませんでした。

結論

予防接種は安全であり、通常、自然な疾患への曝露後の長い間隔の後でも麻疹を防ぐことができ、通常、進行中の流行を制御することができると結論されました。

考察と感想

この研究により、麻疹ワクチン(Schwartz株)が自然な麻疹に曝露した後でも効果的であることが示されました。特に、麻疹の前兆症状が現れる前に接種された9人の子供の中で、自然な病気の症状と徴候を示したのはわずか1人だけであった点は注目すべきです。これは、麻疹ワクチンが早期の曝露段階で接種された場合、感染を大幅に防ぐ可能性が高いことを示唆しています。

また、5つの保育園において、30〜40人の子供のうち5人以上が麻疹を持っていた場合にワクチン接種を行ったところ、74人の曝露された子供のうち、自然な麻疹の症状を示したのはわずか5人だけでした。これにより、集団内での麻疹の流行を効果的に制御するためのワクチンの重要性が強調されます。

さらに、接種後の曝露された子供と非曝露子供との間で、症状や徴候に顕著な違いが観察されなかったことは、ワクチンの安全性に関する有益な情報を提供しています。これは、麻疹ワクチンが曝露の有無に関わらず、一般的には安全であるという結論をサポートしています。

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/04/22 20:05:58時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。