科学的根拠

[考察] 小児の解熱薬としてのNSAIDsについて

解熱薬のエビデンスのところで、小児のNSAIDsに関するまとめがなかったため、今回は簡単に解説させていただきました。

 小児の解熱薬としてのNSAIDs

処方薬について

アセトアミノフェン以外の解熱薬を使用する場合、NSAIDsではイブプロフェンが第二選択薬となります。イブプロフェンの処方薬は、

  • ブルフェン®️
  • ランデールン®️

があります。

市販薬について

市販薬でイブプロフェンを含む製品は

  • IBU鎮痛薬EX®️
  • アダムA錠®️
  • イブ(EVE)®️
  • インテータム錠®️
  • エスタックイブ®️
  • コルゲンコーワ®️
  • ジキニン®️

などがありますが、基本的に15歳未満の小児での服用は禁止されています。

小児の解熱薬としてNSAIDsを使用する場合、基本的にイブプロフェンを使用すべきでしょう。

例えば、アスピリンは長年にわたって安全と考えられていましたが、ライ症候群との関連性の指摘から、小児において解熱目的で使用されることがなくなりました。

ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン®️など)やメフェナム酸(ポンタール®️)では、インフルエンザ脳症との関連性が指摘されています。

インドメタシン(インダシン®️など)は、動脈管開存に対して用いられることがありますが、解熱薬として小児に使用することは禁忌とされています。

低体温などの副作用から、スルピリン(メチロン®️)やプラノプロフェン(ニフラン®️)も投与は推奨されていません。

まとめ

今回は小児の解熱薬としてのNSAIDsについて簡単に説明しました。

小児の解熱薬の第一選択は基本的にはアセトアミノフェンですが、次の選択としてはイブプロフェンです。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。