Cancer Epidemiology (がんの疫学)

Cancer Epidemiology (がんの疫学)(19)| 感染症と発がんについて

今回は感染症と発がんについて簡単に解説していこうと思います。

2012年のデータですが、世界的には15.4%のがん患者(220万人)が感染症と関連して発がんしていると考えられています。

 

がんと感染症

種類 病原体
胃癌 ピロリ菌
肝臓癌 B型肝炎、C型肝炎
子宮頸癌 HPV
バーキットリンパ腫 EBウイルス
カポジ肉腫 HIV, HHV8
成人T細胞性白血病 HTLV1
胆管癌 Opisthorchis viverrini
Clonorchis sinesis
Liver fluke
膀胱癌 Schistomiasis

最近では、HIVと肝臓癌の関連もささやかれているようです。

「感染症と発がん」は国の貧富の差と相関する

低所得ほど感染症が発がんに寄与する割合(寄与率)は高い傾向にあります。

例えば、世界各国の所得を4分にすると、以下のようになります。

国の所得 AF(%)
Very high 7.6%
High 13.2%
Medium 23.0%
Low 25.3%

国別のマップで見ると、以下のようになります。

(参考文献より拝借)

感染症と発がんの順位

  がん発症数 AF
ピロリ菌 77万 35.4%
HPV 64万 29.5%
HBV 42万 19.2%
HCV 17万 7.8%
EBV 12万 5.5%
HHV8 4.4万 2.0%
Schistosoma haematobium 7000 0.3%
HTLV1 3000 0.1%
Opisthorchis viverrini 1300 0.1%
Total 220万 100%

世界的にはピロリ菌–>胃癌の経路がいまだに一番多いようです。その次はHPVに関連した腫瘍になります。

IARC classificationについて

Group 1

まずは、IACRの分類でGroup 1 (sufficient evidence)とされた病原体を見ていきましょう。

Virus

Bacterium

Worms

Group 2A

IARCのGroup 2Aには、こちらのウイルスが分類されています。
個人的には、あまり知らないウイルスですね。

感染症による発がんが生じるメカニズムについて

感染症と発がんに関して、詳細なメカニズムは不明ですが、いくつか機序が述べられています。

  • 慢性炎症
  • 腫瘍タンパクの合成
  • 遺伝的な不安定性

などが示唆されているようです。

まとめ

今回は、感染症とがんをテーマに疫学的な分布を簡単に解説してきました。

次回以降は、ここの病原体について、簡単に解説できればと思います。

 

参考文献

  • Lancet Glob Health 2016; 4: e609–16

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。