麻疹

オランダの流行時に6-14ヶ月の乳児に対する早期のMMRワクチンの効果:コホート研究

オランダでの麻疹、流行性耳下腺炎、風疹(MMR)ワクチンの初回接種のタイミングに関する議論は長く続いてきました。特に、14ヶ月齢が標準的な接種時期とされている中、2013-2014年の麻疹の大規模な流行を受けて、6-14ヶ月の乳児を対象にした早期接種が提案されました。

この背景をもとに、トム・ウーデンベルク氏らの研究チームは、早期のMMRワクチン接種が子どもたちの感染リスクをどの程度減少させるのか、オランダでの実際の状況をもとに詳細に調査しました。この研究は、ワクチン接種のタイミングとその効果に関する新たな知見を提供し、今後の公衆衛生戦略の策定に貢献することが期待されます。

 
参考文献

Woudenberg T, van der Maas NAT, Knol MJ, de Melker H, van Binnendijk RS, Hahné SJM. Effectiveness of Early Measles, Mumps, and Rubella Vaccination Among 6-14-Month-Old Infants During an Epidemic in the Netherlands: An Observational Cohort Study. J Infect Dis. 2017 Apr 15;215(8):1181-1187. doi: 10.1093/infdis/jiw586. PMID: 28368471.

オランダの流行時に6-14ヶ月の乳児に対する早期のMMRワクチンの効果:コホート研究

研究の背景/目的

通常、オランダでの初回の麻疹、流行性耳下腺炎、風疹(MMR)ワクチン接種は14ヶ月齢で行われます。しかし、2013-2014年の麻疹の流行時に、MMRワクチン接種率が90%未満の市町村では、6-14ヶ月齢の乳児にもMMRワクチン接種が提供されました。私たちは、早期のMMRワクチン接種スケジュールの効果を調査しました。

研究の方法

早期MMRワクチン接種の対象となるすべての乳児の親に参加を依頼しました。親が麻疹を疑った場合、乳児の唾液が麻疹特異的抗体のために検査されました。

ワクチンの効果(VE)は、Cox回帰を使用して、実験室で確認され、自己報告された麻疹に対して推定されました。VEは、ハザード比から1を減算することで計算されました。

研究の結果

観察期間が106631日および23769日の3件のワクチン接種済みおよび10件のワクチン未接種の実験室で確認された症例が発生しました。実験室で確認された麻疹に対する未調整のVEは94%(95%信頼区間[CI]、79%-98%)でした。宗教および兄弟のワクチン接種ステータスの調整後、VEは71%(-72%-95%)に減少しました。自己報告された麻疹の場合、未調整および調整されたVEはそれぞれ67%(40%-82%)および43%(-12%-71%)でした。

結論

6〜14ヶ月齢でワクチン接種された乳児は、ワクチン未接種の乳児よりも麻疹のリスクが低かった。しかし、効果の一部は群集免疫によるものであり、ワクチン接種された乳児は他のワクチン接種された個体に囲まれる可能性が高かった。

考察と感想

この研究は、オランダでの2013-2014年の麻疹の流行中に、6-14ヶ月の乳児を対象とした早期の麻疹、流行性耳下腺炎、風疹(MMR)ワクチン接種の効果を評価するものでした。通常、オランダでは初回のMMRワクチン接種は14ヶ月で行われているが、MMRワクチンの接種率が90%未満の自治体では、6-14ヶ月の乳児にもワクチン接種が提供された。この研究の結果から、早期のMMRワクチン接種が麻疹のリスクを著しく低下させる効果があることが示されている。

重要なのは、ワクチンの効果(VE)が、実験室で確認された麻疹の場合、非調整で94%と非常に高く、自己報告された麻疹の場合でも67%と高いことである。

しかし、宗教や兄弟のワクチン接種状況を調整すると、VEはそれぞれ71%と43%に低下した。この調整がVEに大きな影響を与えていることが示唆される。その効果の一部は集団免疫によるものであることも指摘されていました。

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/07/15 22:29:52時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。