小児科

小児湿疹に対するローション、クリーム、ゲル、軟膏の有効性と安全性 (UK編)

小児湿疹に対するローション、クリーム、ゲル、軟膏の有効性と安全性を比較した研究になります。

マミー
マミー
保湿剤など、結局どの種類が良いのでしょうか?

ユーキ先生
ユーキ先生
結局、どれを使用してもあまり変わらなかったという論文もあるようです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • 異なる保湿剤の有効性を比較
  • 小児湿疹に対する主な4種類のエモリエント剤の効果に差はなかった
  • 様々なエモリエント剤の中から、より効果的に使用できそうなものを選ぶことが必要

参考文献

Ridd MJ, Santer M, MacNeill SJ, Sanderson E, Wells S, Webb D, Banks J, Sutton E, Roberts A, Liddiard L, Wilkins Z, Clayton J, Garfield K, Barrett TJ, Lane JA, Baxter H, Howells L, Taylor J, Hay AD, Williams HC, Thomas KS. Effectiveness and safety of lotion, cream, gel, and ointment emollients for childhood eczema: a pragmatic, randomised, phase 4, superiority trial. Lancet Child Adolesc Health. 2022 Aug;6(8):522-532. doi: 10.1016/S2352-4642(22)00146-8. Epub 2022 May 23. PMID: 35617974. 

 2022年にから公表されたようです

小児湿疹に対するローション、クリーム、ゲル、軟膏の有効性と安全性 [UK編]

研究の背景/目的

我々の知る限り、小児湿疹によく使用されるエモリエント剤を比較した臨床試験はない。我々は、ローション、クリーム、ゲル、軟膏の4種類の主なエモリエント剤の臨床効果と安全性を比較することを目的とした。 

研究の方法

イングランドの77の一般診療所で、第4相RCTを実施した。生後6ヶ月から12歳までの湿疹(Patient Orientated Eczema Measure [POEM]スコア>2)を持つ小児を、ローション、クリーム、ゲル、または軟膏にランダムに割り付けた(1:1:1:1;Webベースのシステムにより、施設により層別化し、ベースラインのPOEMスコアと年齢により最小化された)。 

臨床医と保護者は盲検されていなかった。 

Dr.KID
Dr.KID
デザインの特性上、盲検は難しいですね。

最初のエモリエント剤の処方は、500gまたは500mLで、1日2回、必要に応じて塗布することとした。その後の処方は家族によって決定された。 

主要アウトカムは、16週間にわたる親が報告した湿疹の重症度(週1回のPOEM)であり、ベースライン変数と層別変数を調整し、アドヒアランスにかかわらず無作為に割り付けられたものとして分析された。 

各週をコントロール良好(POEMスコア≦2)またはコントロール不能(POEMスコア>2)に分類したようですね。 

安全性は、無作為に割り付けられたすべての参加者で評価された。 本試験はISRCTNレジストリ(ISRCTN84540529)に登録された。 

研究の結果

2018年1月19日から2019年10月31日の間に、12 417人の小児が適格性を評価され、そのうち550人が治療群(ローションに137人、クリームに140人、ゲルに135人、軟膏に138人)にランダムに割り付けられた。 

少なくとも2つのPOEMスコアを提供し、一次解析に含まれた参加者の数は、ローション群131人、クリーム群137人、ジェル群130人、軟膏群126人であった。 

ベースラインの年齢中央値は4歳(IQR 2.8)、255人(46%)が女児、295人(54%)が男児、473人(86%)が白人、平均POEMスコアは9.3(SD 5.5)であった。 

16週間にわたるエモリエント剤の種類による湿疹の重症度の差はなく(p値=0.77)、調整後のPOEMの1対1の差は次の通りであった。クリーム対ローション 0.42 (95% CI –0.48 to 1.32), ゲル対ローション 0.17 (-0.75 to 1.09), 軟膏対ローション -0.01 (-0.93 to 0.91), ゲル対クリーム -0.25 (-1.15 to 0.65), 軟膏対クリーム -0.43 (-1.34 to 0.48), 軟膏対ゲル -0.18 (-1.11 to 0.75), であった.

この結果は,Multiple imputation,Sensitivity,Subgroup analysisのいずれにおいても変わらなかった。有害事象の総数は治療群間で有意差はなかったが(ローション49[36%],クリーム54[39%],ゲル54[40%],軟膏48[35%];p=0.79),刺痛はローション(137人中28[20%]),クリーム(140人中24[17%]),ゲル(135人中25[19%])に比べて軟膏(138人中12[9%])に少なかった. 

結論

小児湿疹に対する主な4種類のエモリエント剤の効果に差はないことがわかった。使用者は、様々なエモリエント剤の中から、より効果的に使用できそうなものを選ぶことが必要である。 

考察と感想

湿疹の治療として外用薬を使用するのですが、100以上の異なる製品から選択することができるため、様々な議論があるようです。 

軟膏は、他のエモリエント剤に比べ、効果が高く、使用頻度も少なく、副作用も少ないので、特に重症の湿疹に適しているという通説もあるようです。 

一方で、ある特定のエモリエント成分や種類が他のものよりも効果的であるというエビデンスは十分ではなく、今回の研究が行われたようです。 

 さらに、このため湿疹研究の優先順位設定において、「湿疹の治療に最も効果的で安全なエモリエント剤はどれか」という問いは、4大不確定要素の1つに挙げられているという背景があったようです。 

参加者の3分の1以上が少なくとも1つの有害反応(最も一般的なのは局所的な皮膚反応)を報告し、その割合は治療群間で同様であったようです。 

16週時点の全体的な満足度と治療継続の意向は、ローションとジェルで最も高くなりました。 

さらに、今回の結果から、エモリエント剤の種類によっては、同じ効果を得るために他のものより塗布頻度を多くしたり少なくしたりする必要がない可能性があることが示唆されたようです。 

Dr.KID
Dr.KID
1つの研究ですので確定的とはいえないですが、有効性がそれほど変わらないのであれば、患者家族に塗りやすさであったり、実際に使用した好みなどもあると思うので、一方通行な診療にならないよう気を付ける必要がありそうですね

まとめ

小児湿疹に対する主な4種類のエモリエント剤の効果に差はないことがわかった。 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/06/18 21:38:04時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。