麻疹

MMRワクチンの効果性:小児入院の予防に関する後ろ向きコホート研究[イタリア編]

麻しん、流行性耳下腺炎、風疹は子供たちにとって重大な健康リスクをもたらす可能性がある感染症であり、これらの疾患からの予防は公衆衛生の主要な焦点となっています。麻しん・流行性耳下腺炎・風疹(MMR)ワクチンはこれらの感染症からの保護を提供するために広く使用されていますが、その効果性と影響に関する継続的な研究が求められています。

Giuseppe La Torreらによる最近の研究は、MMRワクチンが感染症に対する小児の入院をどのように減少させるか、特にローマの子供たちの文脈で、その効果を明らかにするものです。

 
参考文献

La Torre G, Saulle R, Unim B, Meggiolaro A, Barbato A, Mannocci A, Spadea A. The effectiveness of measles-mumps-rubella (MMR) vaccination in the prevention of pediatric hospitalizations for targeted and untargeted infections: A retrospective cohort study. Hum Vaccin Immunother. 2017 Aug 3;13(8):1879-1883. doi: 10.1080/21645515.2017.1330733. Epub 2017 Jun 12. PMID: 28604255; PMCID: PMC5557224.

MMRワクチンの効果性:小児入院の予防に関する後ろ向きコホート研究[イタリア編]

研究の背景/目的

ローマの子供たちにおける感染症(対象と非対象)および呼吸器疾患に対する入院を減少させるための麻しん・流行性耳下腺炎・風疹(MMR)ワクチンの効果を評価する。

研究の方法

コホートは2つのアーカイブ(ワクチン接種登録簿と入院患者の退院記録)のレコードリンクを通じて再構成された。

研究の結果

分析には11,004人の子供が含まれていた。

20.9%はMMRワクチンを受けていなかったが、49%は1回、30.1%は2回接種を受けた。

風疹の入院はなく、流行性耳下腺炎の入院は2件、麻しんの入院は12件であった。

ワクチンは麻しんと流行性耳下腺炎の入院に対して高い予防効果を示した(HR = 0.10; 95% CI: 0.03-0.34)。

すべての感染症に関して、414件の入院があり、ワクチンは予防効果があった(HR = 0.29; 95% CI: 0.25-0.34)。

呼吸器疾患に関して、809件の入院があり(7.4%)、ワクチンは高い予防効果があった(HR: 0.18; 95% CI: 0.07-0.48)。

結論

MMRワクチンは、対象および非対象の感染症の一次予防に効果的であり、呼吸器疾患による入院も制限する可能性がある。

考察と感想

イタリアのワクチンのカバー率は高くはなく、イタリアは1百万人当たりの麻しんのケース数が多いヨーロッパの国の一つであり、それによって希望される除去レベルからはるかに遠い場所に位置しています。

イタリアでは、麻しん・流行性耳下腺炎・風疹(MMR)ワクチンは保健省によって推奨されています。国の予防接種のカレンダーに従って、MMRワクチンは全ての人口に積極的に提供され、2回の接種が行われます:13-15ヶ月、5-6歳(そして場合によっては11-18歳)で接種されます。

この研究結果から、MMRワクチンは特定および非特定の感染症の一次予防に効果的であり、呼吸器疾患による入院も減少させる可能性があることが示唆されます。

これは、MMRワクチンが子供たちの健康を守る上でのその重要性を再確認するものであり、広範囲のワクチン接種の推進がさらに必要であることを強調しています。

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/05/18 20:54:51時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。