科学的根拠

デキストロメトルファン(メジコン®️)の副作用は?[眠気・動悸]

デキストロメトルファン(メジコン®️)は、特に咳に対して処方されることがありますが、いくつか副作用があります。例えば、眠気・動悸・だるさなどは有名です。

​一般に、かぜ薬には効果は少ななく、抗ヒスタミン薬や強い咳止め(コデインやデキストロメトルファン)には、副作用を引き起こす可能性があるため、4−5歳未満の小児には推奨されていません。

今回は、デキストロメトルファンをトピックにした論文です。

マミー
マミー
小児のかぜの咳止めって副作用はありますか?

ユーキ先生
ユーキ先生
デキストロメトルファンなど副作用が報告された論文はいくつかあるようです。

Dr.KID
Dr.KID
一緒に論文を見てみましょう。

 

ポイント

  •  デキストロメトルファンの副作用を報告した論文
  • 4歳未満、シロップによる過量投与が多い
  • ふらつく、傾眠、散瞳、動悸が多かった
参考文献

Paul IM, Reynolds KM, Kauffman RE, Banner W, Bond GR, Palmer RB, Burnham RI, Green JL. Adverse events associated with pediatric exposures to dextromethorphan. Clin Toxicol (Phila). 2017 Jan;55(1):25-32.

   4歳未満の小児は、デキストロメトルファンの投与は推奨されていません。

 

デキストロメトルファン(メジコン®️)の副作用は?[眠気・動悸]

研究の背景

デキストロメトルファンは最も一般的な市販の鎮咳薬である。​

咳や風邪の市販薬の監視プログラムから, 12歳未満の子供におけるデキストロメトルファンと関係した有害事象の性質を検討した。

created by Rinker
パブロン
¥934
(2020/11/24 02:08:14時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
市販薬のシロップにも、デキストロメトルファンが入っているものがあります(推奨ではありません)。

研究の方法

​本研究は、米国の複数のシステム(National Poison Data System、FDA Adverse Event Reporting System、メーカーの安全性報告、ニュース/メディア、医学文献)を利用して行われた。

2008-2014年において、デキストロメトルファンの1つ以上の有害事象が報告された症例集積である。

専門家委員会は,曝露と有害事象,推定摂取量,曝露意図との関係を調査した。

研究の結果

デキストロメトルファンとの関連性が疑われる有害事象が1件以上認められた報告は、1716例において認められた。このうち、1417は単剤への暴露であった。

773/1417 (55%) は単一成分デキストロメトルファン生成物のみを含んだ (デキストロメトルファンのみ) 。​

デキストロメトルファンのみの症例では、3%が治療量を摂取した後であった;​78%は過量投与後であった。

​69%は監視されていない状況での自己投与で, 60%は4歳未満の子供で生じた。

副作用

​死亡や病的不整脈は発生しなかった。

​中枢神経系[例,運動失調(420例)]と自律神経症状[例,頻脈(224例)]が最も一般的な有害事象であった。

​紅潮および/または蕁麻疹様の発疹が患者の18.1%に生じた。​

ジストニアは5.4%に生じた。

結論

デキストロメトルファンのみの摂取後のこの多面的サーベイランスプログラムでは,死亡者は確認されなかった。​

有害事象は主に過量投与と関連し,最も一般的に中枢神経系と自律神経系に影響した。

考察と感想

副作用を含む有害事象の症例を集めた研究でした。傾向としては、

  •  4〜6歳未満が多い
  •  過量投与に伴うものが多い
  •  シロップの報告が多い

といった傾向にあったのがわかります。

Dr.KID
Dr.KID
シロップは管理をきちんとしないと過量投与になりやすいのは、よく知られています。

有害事象としては、ふらつく、傾眠、散瞳、動悸の順に報告例が多かったようです。

まとめ

今回は、デキストロメトルファンによる有害事象の症例集積研究を紹介しました。

4歳未満、シロップによる過量投与が多く、症状としてはふらつく、傾眠、散瞳、動悸が多かったようです。

 

小児で使用される咳止め(デキストロメトルファン)のエビデンスをまとめたnoteもあります。

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/11/24 06:45:47時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。