麻疹

1990年の麻疹流行時のワクチンの臨床的有効性[カリフォルニア]

1990年にアメリカで発生した麻疹の大流行に関して、ワクチンウイルスと現行の野生型麻疹ウイルスの間にゲノムの違いが見られることが明らかになりました。

これにより、現行の麻疹ワクチンの効果が低下しているのではないかとの疑念が生じました。

King GEらによる研究は、この疑問に答えるため、カリフォルニア州の子供たちを対象にワクチンの有効性を評価しました。この研究は、麻疹ワクチンの現在の効果と、流行時におけるその保護効果についての重要な示唆を提供しています。

参考文献

King GE, Markowitz LE, Patriarca PA, Dales LG. Clinical efficacy of measles vaccine during the 1990 measles epidemic. Pediatr Infect Dis J. 1991 Dec;10(12):883-8. doi: 10.1097/00006454-199112000-00001. PMID: 1766702.

1990年の麻疹流行時のワクチンの臨床的有効性[カリフォルニア]

研究の背景/目的

1989年と1990年のアメリカでの麻疹の発生が増加し、ワクチンウイルスと現行の野生型麻疹ウイルスとの間のゲノムの違いが最近見つかったため、現行の麻疹ワクチンの効果が低下しているかどうかを調査するための研究を実施しました。

研究の方法

1歳から5歳までの203人のカリフォルニアの子供たちの家庭内二次感染を対象とし研究が実施された。

研究の結果

子供たちの家庭内二次感染率は、ワクチン接種を受けた子供と受けていない子供とでそれぞれ4.2%と77.8%であり、ワクチンの有効性は95%(95%信頼区間:89%、97%)でした。

感染者への曝露後のワクチン接種とIGの使用の両方の保護効果は低く、それぞれ4%(95%信頼区間:0未満、36%)および8%(95%信頼区間:0未満、59%)でした。

結論

この研究で見られた麻疹ワクチンの有効性は、過去の年と同じものであり、1989年から1990年の麻疹の流行は、ワクチンの高い効果にもかかわらず発生していた。

考察と感想

King GEらの研究は、1990年のアメリカにおける麻疹の大流行の背景に、現行の麻疹ワクチンの効果に疑問が生じる中で行われました。最近のゲノム解析から、ワクチンウイルスと野生型の麻疹ウイルスとの間に違いがあることが示されていたため、ワクチンの有効性が低下している可能性が懸念されました。

研究結果から、ワクチン接種を受けた子供たちの感染率は明らかに低く、ワクチンの有効性は95%と非常に高いことが確認されました。これは、過去の研究とも一致する結果であり、ワクチンの効果が持続していることを示唆しています。一方で、感染後のワクチン接種や免疫グロブリンの保護効果は低かったことから、早期のワクチン接種の重要性が強調されます。

この研究の最も重要な点は、1989年から1990年の麻疹の流行がワクチンの効果低下ではなく、接種率の不足や集団免疫の欠如など他の要因によるものであることを示していることです。これは、ワクチン接種の普及と継続的な啓発活動の重要性を再認識させる結果となりました。

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/04/22 20:05:58時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。