小児科

ITPの重症度は、病歴や診察からどう評価するか?[IBLS編]

ITP(免疫性血小板減少症)による出血の重症度の評価をどのように行うべきか、過去にも議論があったようです。

前回は、WHOやBolton-MaggsとMoonの指標を解説してきました。

今回は、ITP Bleeging Scaleを中心に考察をしていこうと思います。

のちに妥当性の評価もされているようです。

ポイント

  •  ITP Bleeding Scaleの出血グレードに関して解説
  •  妥当性の評価も行われているよう
ユーキ
ユーキ
WHOやBolton-Maggsの指標はとても曖昧に思いました。もう少しわかりやすいITPの重症度って、ありますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去のエビデンスをみてみましょう。

参考文献

ITP Bleeding Scale

   ITPはかつて特発性血小板減少性紫斑病、その後、免疫性血小板減少症と呼び名が変わっています。

マミー
マミー
ITPって、なんですか?

Dr.KID
Dr.KID
原因不明で血小板のみが減少して、出血しやすくなる状態を言います。

 IBLS grade

IBLSという出血の重症度評価もあるようです。IBLSは、ITP Bleeding Scaleの略語のようです:

  BS 説明
皮膚 0 なし
1 1〜5個のあざ
点状出血が散在
2 > 5個のあざで> 2cm大
身体中に点状出血
口腔 0 なし
1 1つの血液水疱
5つ以上の点状出血
歯肉出血
(簡単に洗い流せる)
2 複数の血液水疱
歯肉出血
鼻出血 0 なし
1 鼻をかんだ時に鼻出血
鼻出血 < 5分/回
2 鼻出血 > 5分/回
消化管
出血
0 なし
1 潜血
2 肉眼的血尿
尿 0 なし
1 顕微鏡的血尿
2 肉眼的血尿
婦人科 0 なし
1 月経時以外の点状出血
2 月経時以外の出血
月経過多
0 なし
1 N/A
2 あり
頭蓋内
出血
0 なし
1 N/A
2 あり
結膜下
出血
0 なし
1 あり
2 N/A

皮膚と口腔の初見は、診察時+病歴で2回とる必要があるようです。このため、9 + 2 = 11個のスコアが生じます。

 

考察と感想

WHOやBolton-Maggsらの指標はやや曖昧という印象でした。

特にWHOのものは「輸血が必要か否か」を指標にしていたり、そもそもITP用に作られたわけではないので、使用しづらいのは当然かもしれません。

今回のものは、あざの大きさや数なども考慮されており、より実用的になった印象です。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、点状出血のところは、ちょっと曖昧かもという印象もあります。

まとめ

今回は主にITPの出血スケール(IBLS)について解説しました。

WHOの出血の重症度分類より、ITPの背景では適している印象です。

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2023/02/07 06:17:39時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。