ドクター・キッド

〜小児科医が解説する子供の健康・病気と単なる雑記のブログ〜

肺炎球菌ワクチンは髄膜炎・菌血症・肺炎・中耳炎を予防する効果がある

【スポンサーリンク】


f:id:Dr-KID:20180630103104p:plain

肺炎球菌は乳幼児の重症な感染症

の原因になります。

特に2歳未満はこれらの感染症になるリスクが高く、ワクチンで予防する必要があります。

先進国では肺炎球菌ワクチンがすでに導入されており、今回のメタ解析では個々の研究の有効性を統合し、検討しています。

 

研究の方法

  • 2000〜2008年に行われたランダム化比較研究
  • 24ヶ月未満の健康な小児

を対象にメタ解析が行われました。

▪️ 肺炎球菌ワクチンの予防効果

肺炎球菌ワクチンの予防効果の指標として

をみています。

 

▪️ 統計解析について

今回のメタ解析では

  • 研究間でのばらつきが大きい場合はランダム効果
  • 研究間でのばらつきが小さい場合は固定効果

を使用しています。(固定効果とランダム効果についてはこちら)

 

出版バイアス(Publication bias)はFunnel Plotでみています。

 

研究結果と考察

▪️ 侵襲性肺炎球菌感染症髄膜炎・菌血症)について

肺炎球菌ワクチンは、ワクチンと同じ種類の侵襲性肺炎球菌感染症

  • 89%減少させた(95%CI;73%〜96%)

という結果でした。

ワクチンは全ての肺炎球菌をカバーしているわけではありません。全ての種類の肺炎球菌を含めると、侵襲性肺炎球菌感染症

  • 74%減少させた(95%CI; 54%〜85%)

とされています。

▪️ 肺炎について

(レントゲンで同定される)肺炎について、肺炎球菌ワクチンは

  • 29%減少させた(95%CI; 22%〜35%)

と報告されています。

 

▪️ 中耳炎について

肺炎球菌は中耳炎の原因菌の1つです。

  • ワクチンは中耳炎の発症率を55%減少させた(95%CI, 43%〜64%)

という結果でした。

それぞれのメタ解析の結果はこちらから引用しています。

f:id:Dr-KID:20180630133821p:plain

 

まとめ

肺炎球菌ワクチンは2歳未満の乳幼児において

  • 肺炎球菌による髄膜炎・菌血症のリスクを90%低下
  • 中耳炎の発症率を55%減少
  • 肺炎のリスクを30%減少

させる効果がありました。

 

▪️ あわせて読みたい 

www.dr-kid.net