新型コロナウイルス

小児における社会的な孤立が、心理・精神面で与える影響は?[システマティックレビュー]

今回の研究は、システマティックレビューで、社会的な孤独・孤立が、小児の心理にどう影響するかを検討しています。

新型コロナウイルス感染を背景にした研究ではないですが、今は重要な論文と考えたため、ご紹介させていただきます。

ポイント

社会的な孤立・孤独は、

  •  将来のメンタルヘルス(最長で9年後)に影響する
  •  女児の場合は抑うつに影響しやすい
  •  男児の場合は不安に影響しやすい
  •  孤立・孤独の期間が長いほど、将来のメンタルヘルスに与える影響が大きい
マミー
マミー
新型コロナウイルスで学校閉鎖などありましたが、心理面などが心配です。

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

  小児の孤独と心理をテーマに、過去70年分の論文を検索した研究になります。

 研究の概要

背景

新型コロナウイルスの流行を封じ込めるために、広範囲にわたる社会的隔離が必要とされました。

本研究では、これらが、小児の精神衛生にどのように影響するかを評価しています。

方法

この迅速レビュー(rapid review)では、 MEDLINE, PSYCHINFO,およびWeb of Scienceを利用して、 1946年1月1日〜2020年3月29日で公開された論文を検索しています。

事前に決めた基準では、20%の文献は重複しており、20%の抽出されたデータも重複していました。

結果

83の論文(80の研究)が組み入れ基準を満たしていました。

生来健康であった小児(n=51,576;平均年齢15.3歳)において、社会的孤立および孤独が精神衛生に与える影響について報告した研究は63件であった。

この63件のうち61件は観察研究であった:

  • 18件:縦断研究
  • 43件:横断研究

が自己報告で孤独感を評価しています。

縦断研究は方法論的には優れているものの、研究はバイアスのリスクが高かったようです。

社会的孤立および孤独感は、抑うつのリスクを増加させたようです。

さらに、社会的孤立は、測定された時点および0.25~9年後の不安のリスクが上昇する可能性があったようです。

さらに、孤独感の持続時間は、孤独感の強さよりも精神衛生状態の悪化と強く相関していました。

結論

小児は、強制的隔離の終了中および終了後に、抑うつや不安を経験する可能性が高い。

これは、強制的隔離の期間が長引くにつれて、抑うつ・不安感のリスクが増加する可能性があります。

可能であれば早期介入を提供し、メンタルヘルス問題の増加に備えるべきです。

感想と考察

今回の研究は新型コロナに限ったものではありませんが、小児(主に学生)の社会的な孤独・孤立が、メンタルヘルスに与える影響を見ていました。

結論を要約すると、社会的な孤立・孤独は、

  •  将来のメンタルヘルス(最長で9年後)に影響する
  •  女児の場合は抑うつに影響しやすい
  •  男児の場合は不安に影響しやすい
  •  孤立・孤独の期間が長いほど、将来のメンタルヘルスに与える影響が大きい

の4点が記されていました。

新型コロナを封じ込めるため、学校でも様々な対策が行われ、その1つとして学校閉鎖がありました。子供達にどのような心理的な影響があったのか、一時的なものだけでなく、長期的な視点も必要でしょうね。

Dr.KID
Dr.KID
既にいろんな研究が行われているようですね。

まとめ

小児の社会的孤立・孤独は、将来のメンタルヘルスにどう影響するか検討しています。

孤立や孤独は、メンタルヘルスに悪影響があり、女児の場合は抑うつが、男児の場合は不安に影響しやすかったようです。

また、孤立や孤独の期間は長いほど、悪影響を与える可能性が高いようです。

 

第2回のアンケートが始まっているようですね↓↓

 

Dr. KIDが執筆した医学書:

小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/11/27 06:46:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。