小児科

小児のITPにおいて、IVIGと抗D免疫グロブリンはどちらがよい?[アメリカ編]

今回は、アメリカ編で行われたIVIG,と抗D免疫グロブリンの有効性を比較した研究を紹介しました。

マミー
マミー
小児のITPの治療って何がありますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去のエビデンスをみてみましょう。

   ITPはかつて特発性血小板減少性紫斑病 or 免疫性血小板減少性紫斑病、その後、免疫性血小板減少症と呼び名が変わっています。

 研究の概要

 背景・目的

この研究では、新たにITPと診断され、血小板数が2万/μL未満のRh+である小児105例を対象に行われました。

RCTによって、抗D免疫グロブリン (抗D) が静脈内免疫グロブリン (IVIG) と同等に有効かどうかを決定する。

方法

適格患者に抗D免疫グロブリン 50μg/kg (抗D 50) 、 75μg/kg抗D (抗D 75) または0.8 g/kg IVIg (IVIg) を単回静脈内投与した。患者の治療反応と有害事象をモニターした。

結果

治療後24時間までに血小板数 > 2万/μLを達成した割合は以下の通りでした:

  抗D-50 抗D-75 IVIG
割合 50% 72% 77%

一方で、ヘモグロビン濃度の変化は以下の通りでした:

  抗D-50 抗D-75 IVIG
低下 1.6 g/dL 2.0 g/dL 0.3 g/dL

また、頭痛、発熱、悪寒といった副作用は抗D50群では最も少なかった。

結論

新たにITPと診断された小児において、抗Dの75μg/kg単回投与は、標準用量抗Dよりも迅速に、また許容できる安全性でIVIgと同様に効果的に血小板数を上昇させた。

考察と感想

ヘモグロビン 2.0 g/dLの低下を「許容できる」とするかはちょっと微妙なラインの気もします。特に、ITPによって重篤な出血のあるような症例では使いづらいのではないでしょうか。

Dr.KID
Dr.KID
著者らの見解とは、少し異なりますが…

 

まとめ

今回は、小児のITPにおいて、IVIG、Anti-Dを比較したRCTでした。

抗D免疫グロブリン 75μg/kg単回投与の血小板増加作用は、IVIGと比較してほぼ同じでしたが、ヘモグロビンの低下が大きかったようです。

 

 

created by Rinker
¥4,950
(2022/12/01 09:54:21時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/12/01 03:58:23時点 Amazon調べ-詳細)

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。