ワクチン

小児の予防接種は筋注と皮下注どちらが痛い?[カナダ編]

新型コロナウイルスのワクチンが筋肉注射ということもあって、痛みを気にされている方もいるようですが、実際のところはどうでしょうか。

今回は、新型コロナではないですが、Hibワクチンの接種で筋注と皮下注を比較した研究があったので、ご紹介しようと思います。

マミー
マミー
筋注って痛そうです…

ユーキ先生
ユーキ先生
公表された研究があったと思います。

Dr.KID
Dr.KID
一緒に見てみましょう。

ポイント

  • カナダの小児のHibワクチンの接種時に研究
  • 皮下注射と筋肉注射で痛みを比較
  • 啼泣する小児は、筋肉注射の方がやや多かったよう
参考文献

Leung AK, Chiu AS, Siu TO. Subcutaneous versus intramuscular administration of Haemophilus influenzae type b vaccine. J R Soc Health. 1989 Apr;109(2)

   1989年に公表されたようです

小児の予防接種は筋注と皮下注どちらが痛い?[カナダ編]

研究の背景/目的

小児の予防接種において、皮下注射と筋肉注射で痛みの程度に違いがあるかを検証するために本研究が行われた。

研究の方法

15ヶ月から5歳までの498名の小児を対象に、0.5mlのHaemophilus influenzae b型ワクチン(Hib)を接種した。

小児は皮下(S.C.)または筋肉内(I.M.)のいずれかの方法でワクチンを接種した

Dr.KID
Dr.KID
1人目は筋注、2人目は皮下注、3人目は筋注射…という風におこなったようですね

皮下(S.C.)群では200名(81.1%)、筋肉内(I.M.)群では198名(79.5%)が接種後48~72時間後に再診し、副作用の有無を記録した。

残りは電話で連絡を取った。

研究の結果

性別と年齢を一致させた後、各群194組(男性103組、女性91組)ペアがあり、ペア間の平均年齢差は0.4ヵ月であった。

ペア比較の結果,筋肉内投与では接種時の疼痛(泣き声)は,筋肉内投与の方が頻度が高かった(p < 0.01).

注射部位の圧痛はI.M.群で4例に発現したが、S.C.群では1例も発現しなかった(p=0.06)。

その他の副作用の発現は両群間で有意差はなかった。

結論

本研究の結果から、Hibワクチン投与には皮下注射が選択される方法であることが示唆された。

考察と感想

ワクチン接種時の啼泣のみ、皮下注射の方がやや少なかったという結果だったようですね。

それ以外のアウトカム、例えば、発熱や不機嫌、局所の腫れなどは、ほとんど一緒だったようです。

Dr.KID
Dr.KID
データは原著論文のTableに記されています。

まとめ

この研究では、カナダの小児において、Hibワクチンで皮下注射と筋肉注射のどちらが痛みが少ないかを比較しています。

皮下注射の方が啼泣する割合はやや少なかったようですが、それ以外のアウトカムはほぼ同じだったようです。

 

新型コロナ関連の書籍↓↓

created by Rinker
¥990
(2021/06/14 00:36:13時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,672
(2021/06/14 20:33:12時点 Amazon調べ-詳細)

感染対策の書籍↓↓

created by Rinker
¥1,386
(2021/06/14 20:33:12時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/06/14 10:18:13時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。