科学的根拠のある子育て・育児

乳幼児にインフルエンザワクチンは有効か?[アメリカ編; 観察研究; 2003-2006]

今回はアメリカで行われた観察研究の結果です。2003-2006にかけて、3シーズン分の有効性を調査しています。

本記事のポイントは以下の通りです。

ポイント

  •  6-23ヶ月のインフルエンザワクチンの有効性を3シーズンで評価
  •  1シーズンのみ有効性が報告
マミー
マミー

Dr.KID
Dr.KID

研究の方法

今回はKaiser Permanent North Californiaのデータを使用した研究です。2003/04, 04/05, 05/06の3シーズンで行われています。

研究の方法はmatched case control studyで、具体的には

  •   インフルエンザ陽性患者を特定
  •   コントロールは、同じ居住地域、生年月日からマッチングして選定
  •   ワクチン接種の有無を確認
  •   Conditional logistic regressionで評価

をしています。

対象としたのは、同保険会社のデータにある6-23ヶ月の乳幼児です。

ワクチン接種について

ワクチン接種は

  •  Full: スケジュール通り
  •  Partial: スケジュール通りではないが接種
  •  なし

のいずれかに分けています。

アウトカムの比較について

アウトカムの比較には、

  •   conditional logistic regressionを使用して
  •   adjusted odds ratio (aOR)を計算し
  •   ワクチンの有効性(VE) = (1 – OR) x 100%を推定

しています。

Dr.KID
Dr.KID
Case-control studyでマッチングをした場合、選択バイアスを起こす可能性が高いので、マッチした因子は統計学的に対処する必要があります。

研究結果と考察

最終的に約300名のケースと、1200名のコントロールが研究に参加しています。

シーズン別のワクチンの有効性を紹介します。

 ワクチンの効果について

ワクチンの有効性(VE)の結果は以下の通りでした:

03/04 VE 95%CI
Full 10% -90 to 60%
Partial 7% -60 to 50%
04/05    
Full -186% -1130 to 30%
Partial -210% -1370 to 30%
05/06    
Full 63% 30 to 90%
Partial 83% 40 to 100%

 

 感想と考察

ワクチン効果を認めたのは2005/06年のみで、2003/04と04/05に関しては有効性は認めていません。
シーズンにより有効性が異なるのか、研究上で何か問題があるのかのいずれかかもしれません。

例えば、FullとPartialを比較しても、有効性はFull < Partialとなっており、医学的に解釈不能な結果です。さらに、この研究ではケースは各年で100人ほどで、十分なサンプル数とは言えません。さらに、慢性疾患のある小児も解析に入っており、統計学的に対処できるサンプル数ではなかったのかもしれません。

KPのような保険データがあるのに、わざわざcase-control研究をした理由も少し疑問です。私なら追跡可能なデータがあるなら、retrospective cohort研究を行なったと思うのですが、このあたりの理由もイマイチわかりませんでした。

Dr.KID
Dr.KID
他の研究結果も見た方が良さそうですね。

まとめ

6-23ヶ月のワクチン効果について, 3シーズンで評価していますが、2005/06は有効性を認めていました。

一方で、研究の方法に関していくつか疑問点があり、解釈は慎重に行なった方が良いでしょう。

マミー
マミー
症例対象研究は難しいですね

Dr.KID
Dr.KID
ある意味、疫学者のアートに近いところがあります

まとめ

  •  6-23ヶ月のインフルエンザワクチンの有効性を3シーズンで評価
  •  1シーズンのみ有効性が報告
  •  研究上にいくつか問題がありそう

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST