科学的根拠のある子育て・育児

トイレトレーニング前に便秘の治療をしておいた方が良いかも[アメリカ編]

  •  トイレットトレーニング(以下:トイトレ)前に便秘の治療
  •  便秘が未治療のままトイトレすると、時間がかかってしまうことがある

は小児科では定説のように言われていますが、この根拠はどこから来ているのでしょうか。

今回、その基となる論文を発見したので、そちらを見てみましょう。

ポイント

  •  アメリカで行われたコホート研究
  •  トイトレの完了に与える因子を検討
  •  便秘があると、トイトレ完了の年齢が遅くなる傾向にあった
マミー
マミー
トイトレ前に便秘の治療はした方が良い?

Dr.KID
Dr.KID
一般的にはそう言われていますね。根拠を確認してみましょう。

研究の概要

今回の研究は、2004年にアメリカから報告されたコホート研究になります。

対象となったのは、

  •   17-19ヶ月
  •    406人

です。この幼児を2〜3ヶ月毎にインタビューを、トイトレ完了までフォローしています。

最終的にトイトレ完了の年齢を関連がある因子を探索しています。

結果について

Linear regressionを利用して、トイトレ完了の年齢に与える因子を比較していますが、

  •    トイトレ開始年齢が遅い
  •    トイトレの拒否
  •    頻回の便秘

などが主に影響していたようです。

Dr.KID
Dr.KID
開始が遅ければ、完了も遅れるのは当たり前ですので、そこはあまり気にしすぎないで良い気がします。

 感想と考察

慢性的な便秘のお子さんは、「排便したい」「排尿したい」といった排泄の感覚が鈍くなってしまっていることがあります。トイトレには、こういった体のシグナルに反応することが重要ですので、便秘があれば先に治療することが推奨されています。

今回の研究でも、同様の影響がありました。実際に便秘のお子さんを診療すると、昔から続いていて慢性的なお子さんもいます。乳幼児は排便周期がうまく確立できないことがありますし、仮に排便周期がしっかりしていても、ちょっとした体調不良や環境の変化でリズムが崩れることがあります。

一方で、トイトレの開始年齢や拒否などは、そのお子さんの発達やキャラクターなどばらつきが大きいので、この研究結果を鵜呑みにしすぎない方が良いでしょう。
本人が発達・興味・身体機能から準備ができたら開始すれば良いのであって、「早く始めた方が良い」を意味しません。

現に早く始めすぎると、トイトレの期間が長くなるという研究結果もあります。

Dr.KID
Dr.KID
準備ができたら開始するのが基本と思います。

トイトレの準備ができているかは、こちらに記載しています。

【育児】小児科医が解説するトイレトレーニング【親子の準備編】 トイレトレーニングはいつから始めたらいいですか? どうやって開始したらいいのですか? トイレトレーニングに向けて、なにか準...

まとめ

今回はトイトレの完了年齢に影響する因子を検討したアメリカのコホート研究の結果を解説しました。

頻回の便秘があると、トイトレの完了が遅れる傾向にあるようです。

便秘がひどい場合、トイトレ開始前に治療することもあります。

マミー
マミー
便秘とトイトレは意外な感じですね

Dr.KID
Dr.KID
排泄に関わるので、重要ですね

まとめ

  •  アメリカで行われたコホート研究
  •  トイトレの完了に与える因子を検討
  •  便秘があると、トイトレ完了の年齢が遅くなる傾向にあった

 

新刊(医学書)発売決定!

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

noteもやってます

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。