科学的根拠のある子育て・育児

年齢によってインフルエンザの症状は異なるか?[2009・フィンランド編]

インフルエンザの「特徴的」な症状というと、

  •  高熱
  •  関節痛・筋肉痛

などを思い浮かべる方が多いかもしれません。一方で、これらの症状があってもインフルエンザでないこともあります。反対に、インフルエンザでも典型的な症状が揃わないこともよくあります。

今回は、年齢によってインフルエンザの症状がどのくらい異なるかをみた研究を発見したので、ご紹介させていただければと思います。

ポイント

  • インフルエンザの症状を年齢別に比較

  • 低年齢のほうが高熱は多く、咳・鼻汁は8割以上で認めています。

  • 筋肉痛は10%前後と少ない

  • 3歳未満では20%ほどで中耳炎あり

マミー
マミー
インフルエンザになると、みな同じ症状がでるわけじゃないのですね?

Dr.KID
Dr.KID
はい。かぜにも様々な症状とその程度があるように、インフルエンザも一様ではありません。

参考文献

Clinical Presentation of Influenza in Unselected Children Treated as Outpatients. Pediatr Infect Dis J 2009;28: 372–375

研究の方法

今回の研究はフィンランドで行われたコホート研究になります。対象となったのは、13歳未満の小児で、

  •   2000-2002年のインフルエンザシーズン
  •   13歳以下
  •   発熱でクリニックを受診

などが該当しています。

インフルエンザはPCRで確定診断したうえで、初診時に

  •  体温
  •  鼻炎
  •  咳
  •  咽頭痛
  •  頭痛

などの頻度をみています。

Dr.KID
Dr.KID
年齢によって症状がどのくらい異なるかと比較しています。

研究結果と考察

最終的に353名がPCRでインフルエンザ陽性と判断されています。

 発熱に関して

体温を比較した表は以下の通りです:

体温 < 3歳
n= 101
3〜6歳
n = 160
7歳〜
n = 92
> 37.5 98% 93% 95%
> 38.0 94% 91% 84%
> 39.0 59% 51% 39%
> 40.0 20% 12% 4%

38度以上の発熱のお子さんが多くを占めていますね。39-40度を超えるお子さんは、低年齢のほうが多い傾向にあります。

 呼吸器症状について

症状 < 3歳
n= 101
3〜6歳
n = 160
7歳〜
n = 92
鼻炎 86% 75% 73%
78% 74% 80%
咽頭痛 NA 24% 55%

咳や鼻汁・くしゃみ、といった上気道症状はどの年齢層も8割前後で認めています。

 頭痛・筋肉痛・消化器症状

インフルエンザというと頭痛、筋肉痛などを認めることがあります。

症状 < 3歳
n= 101
3〜6歳
n = 160
7歳〜
n = 92
頭痛 NA 18% 39%
筋肉痛 NA 3% 13%
消化器 6% 10% 10%

頭痛や筋肉痛は頻度としては必ずしも多くないようですね。

1割前後で消化器症状はあるようです。

 身体所見について

所見 < 3歳
n= 101
3〜6歳
n = 160
7〜13歳
n = 92
扁桃浸出液 1% 3% 4%
全身状態不良 10% 9% 13%
呼気性喘鳴 2% 4% 1%
結膜炎 7% 8% 8%

診察状に認められた所見ですが、発熱のせいか全身状態不良が10%ほど、結膜炎は7%ほどでした。喘鳴や扁桃腺の所見はあまりないようですね。

 合併症

合併症 < 3歳
n= 101
3〜6歳
n = 160
7歳〜
n = 92
急性中耳炎 19% 11% 1%
肺炎 2% 2% 0%
副鼻腔炎 0% 3% 2%
3歳未満は中耳炎のリスクが2割弱ほどあるようですね。
肺炎や副鼻腔炎はすくないながらも、インフルエンザで起こすことが2%ほどであるのが分かります。

 感想と考察

インフルエンザによる全体像を把握するのによい論文だと思いました。

高熱は低年齢のほうが多い一方で、咳・鼻の症状は8割ほどで認めています。

筋肉痛は学童では10%、幼児では3%と、それほど多くないのが分かります。

診察状は所見が乏しそうですが、3歳未満で約2割に中耳炎を認めており、鼓膜のチェックは必須ですね。

Dr.KID
Dr.KID

まとめ

今回の論文は、インフルエンザの症状を年齢別に比較しています。

低年齢のほうが高熱は多く、咳・鼻汁は8割以上で認めています。

筋肉痛は10%前後と少ないようです。3歳未満では20%ほどで中耳炎を認めていたようですね。

マミー
マミー
年齢によって微妙にことなるのですね?

Dr.KID
Dr.KID
いろんな要素が関わっていそうですね。

まとめ

  • インフルエンザの症状を年齢別に比較

  • 低年齢のほうが高熱は多く、咳・鼻汁は8割以上で認めています。

  • 筋肉痛は10%前後と少ない

  • 3歳未満では20%ほどで中耳炎あり

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST