科学的根拠のある子育て・育児

インフルエンザワクチンに予防効果はあるのか?[オーストラリア2008]

今回は2008年にオーストラリアで行われた、前向きのCase-control studyの結果です。乳幼児を対象にインフルエンザワクチンの有効性を評価しています。

ポイント

  •  2008年オーストラリアの乳幼児を対象
  •  3価インフルエンザワクチンの有効性を検証
  •  有効性は65%前後
マミー
マミー
たくさん論文があるのですね?

Dr.KID
Dr.KID
今回でブログ記事は一区切りにしようと思います。

 

研究の方法

対象となったのは、

  •   2008年
  •   西オーストラリアに居住している乳幼児
  •  研究を行なった医療機関の救急外来またはクリニックに受診

した方が対象です。

Case-Control Studyですので、

  •  Case: PCRでインフルエンザを確定
  •  Control: インフルエンザ検査陰性患者

で行なっています。

 ワクチンについて

ワクチンは、インフルエンザ不活化ワクチン(3価)を使用しており、

  •  Full: スケジュール通り
  •  Partial: スケジュール通りではないが接種はした
  •  なし

のいずれかに分類しています。

ワクチン効果について

ワクチンの有効性(VE)に関しては、

  •   Multivariable logistic regressionで
  •   年齢、性別、民族など交絡を対処した上で
  •   adjusted ORを算出し
  •  VE = (1 – OR) x 100%

を見ています。

Dr.KID
Dr.KID
いわゆる「Test-Negative Control」という方法ですね

研究結果と考察

最終的に2歳未満は154人が参加しています、ワクチンの有効性は以下の通りでした。

ワクチン効果

コントロール VE 95%CI
 検査陰性者全て 63% -61 to 91
 検査陰性 +
 他のウイルス陽性
67% -45 to 93

2歳未満の結果は上の通りです。有効性は65%程度と推定されています。

 感想と考察

コントロールを変えて解析をしていますが、およそ65%ほどの結果です。

コントロールのサンプルについて、医療機関受信者のみを対象にしており、選択バイアスを招いている可能性はあり得ると思います。

まとめ

今回の2008年オーストラリアの研究では、2歳未満の乳幼児に対してインフルエンザワクチンの有効性は65%前後と推定されています。

マミー
マミー
オーストラリアでも2歳未満を対象にワクチンの有効性が出ていたのですね

Dr.KID
Dr.KID
研究デザインに少し問題があるかもしれませんが、ワクチンの有効性は65%ほどでした。

まとめ

  •  2008年オーストラリアの乳幼児を対象
  •  3価インフルエンザワクチンの有効性を検証
  •  有効性は65%前後

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。