科学的根拠のある子育て・育児

インフルエンザワクチンは乳幼児に有効か?[アメリカ編:2005-2007]

インフルエンザワクチンの有効性に関して、アメリカのテネシー・オハイオ・ニューヨークで行われた観察研究の結果がありましたので、ご紹介します。

今回も、生後6-23ヶ月の結果のみの紹介とさせていただきます。

ポイント

  •  2005-2007年に行われたインフルエンザ不活化ワクチン(3価)の研究
  •  6-23ヶ月を対象
  •  予防効果はスケジュール通りの接種なら60%ほど
マミー
マミー
アメリカでも多数研究されているのですね。

Dr.KID
Dr.KID
乳幼児に関しては、2000年代前半から多数報告があります

 

参考文献

Staat, et al. Vaccine effectiveness for laboratory-confirmed influenza in children 6–59 months of age, 2005–2007. Vaccine. 20011;29:9005-9011

研究の方法

今回の研究は2005-2007にかけて、NY、テネシー、オハイオなどで行われています。

対象となったのは、協力した医療機関に風邪症状で受診した患者で

  •   ケース:インフルエンザ確定(PCR)
  •   コントロール:検査陰性

としています。最終的にデータは年齢、地域、医療機関の種類などでマッチングを行った「matched case-control study」です。

ワクチンについて

インフルエンザワクチンは、

  •  Full: スケジュール通りの接種
  •  Partial: スケジュール通りではないが接種あり
  •  なし

のいずれかに分類しています、この時期は3価インフルエンザ不活化ワクチンを使用していたようです。

アウトカムの比較について

アウトカムの比較に関しては、

  •   Conditional logistic regressionを使用し
  •   adjusted Odds ratio (OR)を計算し
  •   VE = (1 – OR) x 100%

を推定しています。

Dr.KID
Dr.KID
Matched case-control studyの場合、conditional logistic regressionなどで必ず統計学的な対処が必要となります。

研究結果と考察

ケース、コントロールを合わせて、2005-2007において500名ほどの6-23ヶ月の乳幼児のデータが解析対象となっています。

 インフルエンザワクチン効果について

インフルエンザのワクチン効果は以下の通りでした:

05/06 VE 95%CI
Full 65% 2 to 88
Partial 32% -95 to 76
06/07    
Full 55% -42 to 86
Partial 39% -73 to 78
05-07    
Full 62% 16 to 82
Partial 39% -27 to 70

スケジュール通りにワクチンを接種しているとワクチン効果は55-65%ほど、スケジュール通りでないよワクチン効果は32-39%ほどの推定ですね。

 感想と考察

今回の研究ではアメリカの6-23ヶ月の乳幼児において、インフルエンザワクチンの有効性が示唆されるデータでした。また、ワクチンはスケジュール通り確実に打ったほうが、予防効果は高くなっています。日本国内でいうと「2−4週間空けて2回接種」を確実にされると良いでしょう。

この研究においてもtest negatice controlという方法を取られています。この方法に関しては、疫学的に本当に正しいのか、自分の中で少し疑問点がある点だけ追記しておこうと思います。

Dr.KID
Dr.KID
コントロールは、本当に一般の母集団を反映しているのか?

まとめ

今回の研究では、アメリカの2005-2007年において、6-23ヶ月の乳幼児でもインフルエンザワクチンの有効性が示唆される結果でした。

ワクチンはスケジュール通り、確実に2回接種したほうが効果は高まりそうです。

マミー
マミー
日本とアメリカで予防接種のスケジュールは異なるのですか?

Dr.KID
Dr.KID
初めてのワクチン接種のお子さんは基本的に一緒ですが、その後は少しスケジュールが異なります。

まとめ

  •  2005-2007年に行われたインフルエンザ不活化ワクチン(3価)の研究
  •  6-23ヶ月を対象
  •  予防効果はスケジュール通りの接種なら60%ほど

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。