新型コロナウイルス

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(2月25日版)

今日は、文献を2つ目を通して、以下の点をアップデートしました。

1つ目はBMJから報告された症例集積研究です。62人が報告されていますが、小児はこのうち2名だったようです。特に重症化はなかったようです。

もう1つは、JAMAの報告です。こちらは13名の症例集積ですが、小児2名が報告されています。

ポイント

  •  中国と日本の感染者数の推移
  •  中国で62名の症例集積
  •  中国で13名の症例集積
マミー
マミー
新しい情報はありますか?

Dr.KID
Dr.KID
文献などを少し目を通したので、1つずつ見ていきましょう。

中国と日本の感染者数の推移

中国と日本の感染者数の推移は以下の通りです (2/24時点)
  •  世界:79,335人
  •  中国:77,150人
  •  日本:143人

 中国の累積感染者数の推移

中国では、もうすぐ8万人に差しかかろうとしていますが、徐々に新規感染者は鈍化してきて、頭打ちになってきている印象です。とはいえ、かなりの方が感染している現状です。

図のY軸のスケールを対数化させたグラフが右側です。感染者数の増加速度は、徐々に鈍化してきている印象です。

日本の累積感染者の推移

日本の患者数の推移は以下の通りです:

この図を見てしまうと、まだまだ上昇トレンドにありそうで、勢いは増してきている印象で、これから急速に増えてくるかもしれません。

右の図は、Y軸を対数化しています。累積数が100人を超え、上昇トレンドになるのが分かります。

韓国で感染者数が700人を超えたという報告も出ているようです。シンガポールは80人、イタリアが150人を超えています。 
また、アメリカなどを含め、渡航制限が今後どうなるかも注目しています。

 

 小児・成人の62例の症例集積

BMJから発表された、感染者62例の症例集積の論文に目を通しました。

この中で、10-11歳の小児が2例いたようです。二人とも、感染者に曝露してから、10日以内に症状が出ていたようです。詳細は不明ですが、少なくとも重症化はしていなかったようです。

 概要

こちらの症例集積でが、1/10から1/26の期間の患者データを集めて、症状や経過の特徴、血液検査の結果を示しています。

症状

これはすでにツイッター上でも話題になっていますので、説明は軽めにしようと思います。

症状 人数 %
50 81%
48 77%
35 56%
頭痛 21 34%
筋肉痛
倦怠感
32 52%
下痢 3 8%
血痰 2 3%
呼吸苦 2 3%

集中治療室に入室したのは1名、死亡例は0のようです。

期間

  期間
曝露→症状 4日
(3〜5)
症状→入院 2日
(1〜4)

感染者への曝露から症状は中央値で4日、症状から入院では2日でした。

Dr.KID
Dr.KID
成人では、発熱と咳がメインのようですね。しかし、小児は…?

成人・小児の13例の症例集積

こちらは、JAMAから報告された症例集積研究の結果になります。

北京の3病院において、入院となった症例集積が報告されています。

13例の報告の中、2名が小児だったようです。年齢は2歳と15歳のようです。

2歳の小児に関しては、中等度の間歇的な熱が1週間、咳が2週間弱あり、その後に新型コロナウイルス(COVID-19感染症)と診断されたようです。

概要

こちらの論文でも、先述のBMJと同じく、症状の割合を提示しています。

症状    
発熱 12 92.3%
6 46.2%
鼻汁 1 7.7%
筋肉痛 3 23.1%
下痢 1 7.7%
鼻閉 8 61.5%
頭痛 3 23.1%

Nは少なめですが、発熱、咳、鼻閉といった風邪症状がメインのようです。

この13人では重症例はいなかったようです。

 感想と考察

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)が騒動になって1ヶ月以上になりますが、小児に関しては、まだ情報が足りていない印象です。

現時点で分かっていることをまとめると、以下の通りです:

Dr.KID
Dr.KID
上述の症例集積2つを追記しました。

まとめ

今回は、

  •  中国と日本の感染者数の推移
  •  中国での62例の成人・小児の症例集積
  •  中国での13例の成人・小児の症例集積

についてアップデートさせていただきました。

引き続き、新しい情報、過去の文献を読み込んだら、報告させてもらおうと思います。

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。