ワクチン

小児の予防接種は筋注と皮下注どちらが痛い?[スウェーデン編]

新型コロナウイルスのワクチンが筋肉注射ということもあって、痛みを気にされている方もいるようですが、実際のところはどうでしょうか。

今回は、新型コロナではないですが、Hibワクチンの接種で筋注と皮下注を比較した研究があったので、ご紹介しようと思います。

マミー
マミー
筋注って痛そうです…

ユーキ先生
ユーキ先生
公表された研究があったと思います。

Dr.KID
Dr.KID
一緒に見てみましょう。

ポイント

  • カナダの小児のHibワクチンの接種時に研究
  • 皮下注射と筋肉注射で痛みを比較
  • 啼泣する小児は、筋肉注射の方がやや多かったよう
参考文献

Mark A, Carlsson RM, Granström M. Subcutaneous versus intramuscular injection for booster DT vaccination of adolescents. Vaccine. 1999 Apr 9;17(15-16):2067-72.

   1999年に公表されたようです

小児の予防接種は筋注と皮下注どちらが痛い?[スウェーデン編]

研究の背景/目的

ブースターワクチン接種における注射方法の違いによって、痛みや副反応のリスクが異なるかを検証した。

研究の方法

スウェーデンの 10 歳の学童 252 人を対象とした非盲検ランダム化試験で検討された。

対象となった子供たちは、生後3ヶ月、5ヶ月、12ヶ月の時点でDTワクチンの接種を受けていた。

副作用を2週間にわたって観察した。

Dr.KID
Dr.KID
筋注 vs. 皮下注なので、盲検は難しいですねぇ…

研究の結果

メインのアウトカム

両群とも全身性反応の発生率は低かった。

筋肉内投与では発赤(p < 0.001)、腫脹(p < 0.001)、かゆみ(p < 0.01)、疼痛(p < 0.05)が有意に少なかった。

また、これらの反応は、持続時間も短かった(p < 0.01~p < 0.001)。

その他のアウトカムや比較

女子は男子よりも痛みとかゆみが多かった(p < 0.001)。

ブースターの2週間後に採取した99検体では、2つの投与経路間の抗体反応に有意差は認められなかった。

しかし、ジフテリアトキソイドに対する反応は男子よりも女子の方が低かった(p = 0.009)。

結論

ブースターに対する局所反応は、このように注射方法の選択によって大幅に減少させることができるかもしれない。

思春期および成人では投与量の増加あるいは使用する価数が増加する可能性があり、筋肉注射が必要となるかもしれない。

考察と感想

原著論文でデータの方も確認させていただきました。

痛みの有無は皮下/筋注ではほとんど同じですが、痛みの程度、発赤、腫れた期間、痒みは筋注の方が少ない傾向だったようですね。

 

Dr.KID
Dr.KID
データは原著論文のTable1に記されています。

まとめ

この研究では、スウェーデンの小児において、皮下注射と筋肉注射のどちらが痛みや副反応が少ないかを比較しています。

筋注の方が痛みの程度はほとんど同じで、発赤や腫脹などは筋注の方が少ない傾向にあったようです。

 

新型コロナ関連の書籍↓↓

created by Rinker
¥990
(2021/09/18 15:51:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,672
(2021/09/18 15:51:13時点 Amazon調べ-詳細)

感染対策の書籍↓↓

created by Rinker
¥1,386
(2021/09/18 15:51:13時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/09/18 10:53:34時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。