新型コロナウイルス

新型コロナウイルスは、環境が異なれば、生存時間は変わる?

今回の研究は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が、異なる環境で、どのくらい生存するのかをみています。

ポイント

  •  新型コロナウイルスは、環境によって生存期間が違う
  •  プラスチックやステンレスの方が、生存期間は長そう
マミー
マミー
新型コロナウイルスってどのくらい生存してますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

  オープンアクセスですので、皆さん読めますよ

 研究の概要

SARS-CoV-2とSARS-CoV-1を、異なる環境(表面)において、そのくらい安定性があるか、半減期などをベイジアン回帰分析モデルで推定しています。

私の方で、データが見やすいように、SARS-CoV-2に注目して、ウイルスの量と半減期を推定のみを図にしてみました。

ダンボールや銅の表面からは、比較的早くウイルスは検出されなくなるようですが、ステンレス製品やプラスチックからは長期にわたって検出されているようです。

半減期(時間)は上の図の通りです。飛沫と銅は短めで、ステンレスやプラスチックの表面は6〜7時間ほどのようです。ダンボールに関しては、この間くらいですね。

感想と考察

21〜23℃、湿度40%という条件下での研究ですが、ウイルスがどのくらい生存しているか、どの辺りから不安定になるかは、興味深い内容ですね。

医療機関などは金属製の家具や、プラスチック製の製品も多いので、参考にしながら、しっかりと清潔を保つことが重要ですね。

Dr.KID
Dr.KID
色々と批判もあるようですが、面白い論文でした。

まとめ

今回は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が、異なる条件・環境下において、どのくらい生存しているのかの目安となった論文を紹介しました。

理想的な条件下ですので、現実とは異なる部分もあるでしょうが、ある程度の参考にはなると思います。

Dr. KIDの書籍(医学書)

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

新刊(医学書):小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/09/19 06:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。