新型コロナウイルス

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(2月20日版)

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関して、成人のデータはかなり出てきているのですが、小児の報告は非常に限られています。
とはいえ、2月の中旬から徐々に出てきており、1つずつ報告していければと思います。

今回は、中国の深圳市で入院となった15症例の症例集積データを解説していきます。

おそらく、昨日ブログ記事にした病院の小児のデータの一部と思います:

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(2月19日版)2020年2月17日に、中国の深圳市(Shenzhen)において認められた小児のCOVID-19の症例報告が発表されたので、そちらの英語...
ポイント

  •   中国の深圳市のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)小児15症例
  •   症状が軽微でも、CTで所見を認めるケースがある
  •   PCRの陰性化と、CTの改善は、ある程度相関するのかもしれない
マミー
マミー
小児のデータは少ないのですか?

Dr.KID
Dr.KID
そのようですね。しかし、徐々にデータが出てきています。

研究の概要

今回は中国の深圳市(Shenzhen city)で、2020年1月16日〜2月6日にかけて入院した小児のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)15症例の経過の一部と、CT所見を解説しています。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の診断は、PCRをもとに確定されたようです。

小児の特徴として、

  •    男女比 = 5 : 10
  •    4〜14歳

であったようです。

 症状は?

症状に関しては、発熱の有無だけ記載されていました。

  割合(%)
発熱あり 5/15 (33%)
無症状 10/15 (67%)

 

 CT所見は?

発熱があったのは15名中5名だけのようですが、CTを撮影すると、すでに異常所見が認められていたようです。

内訳は以下の通りです:

CT 症例数
所見なし 6
所見あり 2:浸潤影
7:すりガラス陰影

 

 その後の経過は?

その後の病院での経過も記されています。

治療を受け(おそらく抗ウイルス薬と思います)、6人はPCRが陰性になったようです。PCRが陰性化した方のCTの再検査は以下の通りです:

  人数
所見なし 3
改善 2
不変 1

 

治療後もPCRの陽性が続いた小児のCTの再検査結果は以下の通りでした:

  人数
不変 6
新たな所見 3

 

 まとめると…

以上の情報を、1枚のスライドにまとめてみます。

Dr.KID
Dr.KID
個々の病歴が追えないのでなんともいえませんが、症状がないか軽微であっても、CTで異常所見を認めることはありそうですね。

 感想と考察

おそらく、昨日公開したデータの一部の報告と思います。このデータによると、全員、無事に退院はできているようです。

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(2月19日版)2020年2月17日に、中国の深圳市(Shenzhen)において認められた小児のCOVID-19の症例報告が発表されたので、そちらの英語...

症状がなくてもCTで早期から異常所見を認めているのが特徴的なようです。また、PCRの陰性化も、ある程度は相関しそうな印象もあります。

ただ、1人1人の個別のデータまでわからないので、続報を待つことにしようと思います。

Dr.KID
Dr.KID
小児も、これから徐々にデータが出てくると思います。

まとめ

中国の深圳市(Shenzhen city)で、2020年1月16日〜2月6日にかけて入院した小児のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)15症例の経過の一部と、CT所見を解説しています。

CT所見は早期から認めるケースがあり、PCRの陰性化と相関するかもしれません。もう少し大きなデータ、個人レベルで追跡したデータが欲しいところです。

マミー
マミー
入院されたお子さんたちは大丈夫だったのですか?

Dr.KID
Dr.KID
同じ病院からの報告があり、比較的軽症で済んでいるようですよ。

まとめ

  •   中国の深圳市のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)小児15症例
  •   症状が軽微でも、CTで所見を認めるケースがある
  •   PCRの陰性化と、CTの改善は、ある程度相関するのかもしれない
小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(2月19日版)2020年2月17日に、中国の深圳市(Shenzhen)において認められた小児のCOVID-19の症例報告が発表されたので、そちらの英語...

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。