新型コロナウイルス

小児のCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の情報(2月19日版)

2020年2月17日に、中国の深圳市(Shenzhen)において認められた小児のCOVID-19の症例報告が発表されたので、そちらの英語の要約を解説していこうと思います。

様々な情報が徐々に出てきていますが、子どものCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の情報は非常に限られています。

今回の症例集積は、この時点では非常に重要な報告と思いますので、こちらで紹介させていただきます。

 

ポイント

  •  COVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の小児の34症例
  •  8割が家族内感染、湖北省への旅行歴 or 滞在歴
  •  発熱は半数、咳は4割ほど
  •  重症例はなく、軽症が大半
  •  基礎疾患はなくとも、感染している
  •  血液検査は非特異的で、3割でLDH > 400 IU/L
  •  CTが早期診断に有用?(詳細不明)
  •  治療は、LopinavirやRitonavirが使用
  •  IVIGやステロイド使用なし
  •  全員が退院
マミー
マミー
子どものCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の情報はありますか?

Dr.KID
Dr.KID
徐々に出てきているので、少しずつ情報を整理していこうと思います。

 症例集積の概要

今回は、RT-PCRで確認された、COVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の34例の小児の症例集積となります。

期間としては、1月19日〜2月7日に、中国の深圳市(Shenzhen)の病院で確定診断された小児の症例を集積したデータとなります。

感染者の年齢と性別は?

合計で34人のデータが報告されています。感染した小児の

  •  年齢:8歳11ヶ月(中央値)
  •  男女比:14 : 20

でした。

 家族内感染が多い?

感染した小児34人中28名が(82%)、家族内にCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の感染者がいたようです。

 旅行歴や居住歴は?

武漢市のある湖北省(Hubei)への旅行歴や滞在歴ですが、34人中26名(76%)が該当したようです。

 重症度は?

感染者は全員、基礎疾患は特にない健常の小児のようです。

34名の重症度ですが、以下の通りでした:

重症 0/34 0%
中等症?
(commonと表現)
22/34 65%
軽症 9/34 26%
症状なし 3/34 8.8%

  症状は?

発熱や咳といった症状が多かったようで、以下の通りでした:

症状 割合 %
発熱 17/34 50%
13/34 38%

発熱した患者は半分程度のようだったようです。咳が多いという成人での報告例もあるようですが、小児の場合は38%のようです。

 CT所見は?

正確なデータはりませんが(Nは?)

  •  多発する斑状または結節状のすりガラス陰影(gorund-glass opacity)
  •  浸潤影

が、胸膜下や外側区域に認めた。初期診断に有用かもしれない?と著者らは記述しています。

 血液検査は?

血液検査結果は以下の通りでした:

白血球 正常 28/34 (82%)
  低下 (< 4 x 10(9)/L) 1/34 (3%)
  上昇 (> 10 x 10(9)/L) 5/ 34 (16%)
CRP 上昇 1/34 (3%)
ESR 上昇 5/34 (16%)
プロカルシトニン 上昇 5/34 (16%)
D-dimer 上昇 3/34 (10%)
LDH 上昇 > 400 IU/L 10/34 (32%)

血液検査異常はないことが多く、これで判断するのは難しそうです。強いていうと、LDHの上昇が特徴かもしれません。

 治療は?

半分以上の小児が治療を受け、抗ウイルス薬(LopinavirやRitonavir)が使用されていたようです。

割合
Lopinavir
Ritonavir
20/34 (64%)
ステロイド 0/34 (0%)
免疫グロブリン 0/34 (0%)

ステロイドや免疫グロブリンは使用されていなかったようです。

 予後は?

入院した34名の小児は予後良好で、全員、無事に退院できたようです。

Dr.KID
Dr.KID
ひとまず、軽症例が多かったようで、一安心のようですね。ですが、これから、いろんなデータが上がってくると思います。

 感想と考察

34名の症例集積ですが、いくつか貴重なデータを提示していると思います。

まず、家族内感染の割合が8割と高く、さらに武漢市のある湖北省(Hubei)への旅行 or 滞在歴がある方が高い点です。

また、症状は、約半数は発熱、4割が咳でした。大人と比較すると、これは低いのかもしれません。

血液検査はあまり特異的なものはなく、強いていうとLDHが400以上となった症例が3割ほどでした。

著者らはCTが早期発見に役立つのかもといっていますが、詳細の確認ができていません。

治療はまだ手探りなのでしょうが、LopinavirやRitonavirといったHIV感染治療の抗ウイルス薬が使用されており、ステロイドやIVIGは使用されていなかったようです。 

Dr.KID
Dr.KID
薬の有効性の評価は、この症例集積では判断できないと思います。

まとめ

中国の深圳市(Shenzhen)におけるCOVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の34症例の報告です。

小児の8割は家族内感染しており、さらに武漢市のある湖北省(Hubei)への旅行 or 滞在歴があったようです。

症状は、発熱が半数、咳が4割で、血液検査は3割でLDHの上昇を認めています。

治療は、LopinavirやRitonavirといった抗ウイルス薬が使用されており、ステロイドやIVIGの使用例はなかったようです。

全員が無事、退院できているようです。

マミー
マミー
重症例はなかったのですか?

Dr.KID
Dr.KID
こちらの報告ではなかったようですが、今後、色々と報告が増えるかもしれませんね。

まとめ

  •  COVID-19 (新型コロナウイルス感染症) の小児の34症例
  •  8割が家族内感染、湖北省への旅行歴 or 滞在歴
  •  発熱は半数、咳は4割ほど
  •  重症例はなく、軽症が大半
  •  基礎疾患はなくとも、感染している
  •  血液検査は非特異的で、3割でLDH > 400 IU/L
  •  CTが早期診断に有用?(詳細不明)
  •  治療は、LopinavirやRitonavirが使用
  •  IVIGやステロイド使用なし
  •  全員が退院

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。