科学的根拠のある子育て・育児

小児の鼻腔には、どのような細菌が定着しているか?[ベルギー編]

小児の鼻腔には、肺炎球菌をはじめとした、様々な細菌が定着していることが知られています。今回は、乳幼児において、鼻腔内にどのくらい細菌がいるのか検討した結果を参照してみましょう。

先にこの研究の結論とポイントから述べましょう。

ポイント

  •  小児において、鼻腔から検出される細菌を調査
  •  ほとんどの小児は、肺炎球菌、インフルエンザ桿菌、モラキセラのいずれかを保菌している
マミー
マミー
鼻の中に、細菌っていますか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の研究をみてみましょう

参考文献

Gordts F, et al. Bacteriology of the middle meatus in children. Int J Pediatr Otorhinolaryngol. 1999 May 5;48(2):163-7.

 一般に、小児の鼻腔の培養と副鼻腔炎の病因微生物には相関がないと考えられています。

 研究の概要

今回は、1999年にベルギーから報告された研究です。

扁桃腺・アデノイド除去術をうけた小児と、別の耳鼻科処置(外来で終わる軽い処置)を受けた小児から、中鼻道の細菌を培養しています。

研究結果

それぞれのグループで主要な細菌がどのくらい検出されたのかをみてみましょう。

  手術 外来
インフルエンザ桿菌 68% 40%
モラキセラ 50% 34%
肺炎球菌 60% 50%
黄色ブドウ球菌 12% 20%
溶連菌 0% 8%

肺炎球菌、インフルエンザ桿菌、モラキセラ・カタラーリスのいずれかが検出される割合は、扁桃腺・アデノイド摘出術をうけた小児の92%、外来で耳鼻科処置をうけた小児の70%で検出されています。

感想と考察

一般の方からすると、鼻の中に細菌がいるというと嫌な印象をうけるかもしれませんが、体外と鼻腔は繋がっているので、基本的には常に何らかの細菌がいます。

肺炎級菌、インフルエンザ桿菌、モラキセラ・カタラーリスなど中耳炎や副鼻腔炎、肺炎の起因菌となるような細菌も含まれていますが、基本的に保菌しているだけでは、特別な治療はいらないと考えられています。

Dr.KID
Dr.KID
鼻水の色が黄や緑でも、細菌感染を強く疑うわけではなさそうです。

まとめ

今回は、1999年にベルギーから報告された、かぜの時の鼻腔の培養からえられた細菌検査のデータです。

ほとんどの小児は、肺炎球菌、インフルエンザ桿菌、モラキセラのいずれかの菌を保菌していたようですね。

Dr. KIDの書籍(医学書)

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

新刊(医学書):小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/11/25 06:46:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。