科学的根拠

アンブロキソール(ムコソルバン®︎)を含む市販薬・処方薬

アンブロキソール(ムコソルバン®︎)を含む市販薬・処方薬について解説します。

去痰薬にもいくつか種類があります。
例えば、カルボシステイン(ムコダイン®︎)は気道粘液修復薬と言われ、気道の粘液分泌や線毛細胞の修復で粘度を下げることで、痰を出しやすくする薬です。

小児においてカルボシステインを含む市販薬と処方薬【去痰薬】今回は小児の去痰薬について簡単に解説していこうと思います。 去痰薬の定義が様々ですが、広義の去痰薬と思ってください(悪しからず)。 ...

一方、アンブロキソール(ムコソルバン®︎)は気道潤滑薬と言われています。
肺のサーファクタント分泌を促したり、気道液の分泌促進したり、線毛運動を亢進したりして、痰の分泌を促す薬です。
もう少しわかりやすくいうと、空気の通り道を滑らかにして、痰を排出しやすくする薬とも言えるでしょう。

アンブロキソールを含む市販薬

アンブロキソールを含む(小児の)市販薬について調べてみました。
ざっくりした検索ですので、漏れている可能性大です。もし小児の市販薬であれば、教えてください。

製造 商品名 対象年齢
大正製薬 パブロンエースAX錠*
パブロンエースAX顆粒*
パブロンエースPro微粒*
パブロンメディカルT*
パブロンSゴールドW錠剤*
パブロンSゴールドW微粒*
15歳以上
15歳以上
15歳以上
15歳以上
12歳以上
12歳以上
エスエス製薬 エスタックイブファイン* 15歳以上

(*コデインを含有)

小児というより、ほとんどが成人用のお薬ですね。
一部ですが、パブロンSゴールドのシリーズが12歳以上から可能となっています。
私が調べた限り、全ての商品にコデインを含有しているので、小児の咳止めとしては安全性に疑問があります。それもあってメーカー側は12歳以上に制限をしているのでしょうか。

Dr.KID
Dr.KID
「効いたよね。早めの〇〇〇〇」がキャッチフレーズの薬ですね。本当に早めに飲んだら有効かは、もう少し考え直す必要があると思いますが…

アンブロキソールを含む処方薬

処方薬はおなじみの名前かもしれません。

ムコソルバン®︎ (帝人) 錠, DS, シロップ
プルスマリンA®︎ (高田) 錠, DS, シロップ
ムコサール®︎ (サノフィ) 錠, DS, シロップ

その他、グリンクール®︎、コトブロール®︎、ダイオリール®︎、ノンタス®︎、ポノフェン®︎、ムコソレート®︎、ムコブリン®︎など、様々な名前で処方されているようです。

Dr.KID
Dr.KID
知らない名前がツラツラと…

まとめ

今回はアンブロキソールを含む小児の市販薬・処方薬について簡単に調べた結果を載せてきました。

乳幼児にもよく処方されているのを見かけるお薬ですが、市販薬となると小児で使えるものが限られているのが分かります(もし、他にもご存知な方がいたら教えてください)。

次回からはアンブロキソールの有効性について検証していこうと思います。

Dr.KID
Dr.KID
ついに3大巨塔(アスベリン®︎・ムコダイン®︎・ムコソルバン®︎)の最後のエビデンス調査!

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST