熱中症

アセトアミノフェンを飲むと高温多湿化での運動のパフォーマンスが改善する?[UK編]

  •  夏は高温多湿で熱中症が怖いです
  •  あらかじめ解熱薬を飲ませて良いでしょうか?

夏は高温多湿の環境で熱中症のリスクが上昇します。

特に小児は体温調整が未熟であるため、そのリスクが高いとされています。

解熱薬を予防的に飲ませることは、一般的には推奨されてはいませんが、実際の研究結果はどうなのでしょうか。

マミー
マミー
熱中症が怖いので、解熱薬を使用しても良いですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
一般的にはやめたほうがよくて、しっかり水分を取ることと、暑い日は無理に運動しないこと、熱順応させることが重要と思います。

Dr.KID
Dr.KID
一緒にそのテーマの論文を読んでみましょう。

ポイント

  •  高温多湿下において解熱薬を予防的に投与することの是非を検討した論文
  • 暑さによる体温上昇を緩和し、運動能力を向上させるかもしれない
  •  本研究を根拠に熱中症予防への解熱薬投与は慎むべき
参考文献

Mauger AR, Taylor L, Harding C, Wright B, Foster J, Castle PC. Acute acetaminophen (paracetamol) ingestion improves time to exhaustion during exercise in the heat. Exp Physiol. 2014 Jan;99(1):164-71. doi: 10.1113/expphysiol.2013.075275. Epub 2013 Sep 20. PMID: 24058189.

   UKで2011年に報告された研究です。

アセトアミノフェンを飲むと高温多湿化での運動のパフォーマンスが改善する?[UK編]

研究の背景/目的

アセトアミノフェン(パラセタモール)は、一般に市販されている鎮痛・解熱剤であり、痛みを軽減することで運動能力を向上させることがこれまでに示されている。

本研究では、パラセタモールの解熱作用が、暑さによる体温上昇を緩和し、運動能力を向上させる可能性があるかどうかを検討した。

研究の方法

11名のレクリエーション活動中の参加者が、無作為化二重盲検法により、プラセボ薬またはアセトアミノフェン経口投与後、高温条件下(30℃、相対湿度50%)でサイクルエルゴメーターによる2回の疲労回復実験に参加しました。

Dr.KID
Dr.KID
過酷そうな環境ですねぇ。

研究の結果

アセトアミノフェン摂取後、参加者は有意に長い時間サイクリングを行い(アセトアミノフェン、23分±15 vs プラセボ、19分±13;P = 0.005;95% 信頼区間 = 90-379 s)、これに伴い、中核温度(-0.15℃)、皮膚温度(-0.47℃)および体温(0.19℃;P < 0.05)が低くなる傾向にあった。

アセトアミノフェン投与下では、参加者は熱感覚の評価も低くなった(-0.39;P = 0.015)と報告したが、心拍数に変化は見られなかった(P > 0.05)。

結論

本研究は、アセトアミノフェンの急性投与が高温条件下でのサイクリング能力を向上させること、そして、深部体温、皮膚温度、体温の低下および熱的快適性の主観的知覚が観察されたことに起因すると考えられることを実証した最初の研究である。

これらの知見は、アセトアミノフェンが運動から誘発される体温調節の負担を軽減し、疲労困憊までの時間を改善する可能性を示唆している。

考察と感想

2010年代に報告された、比較的最近の研究です。

解熱剤と言われるくらいですから、運動前に内服しておけば「熱産生が抑制」されそうですが、この研究ではそれなりに効果が認められていたようです。

ただ、この研究は後の研究から批判もあり、運動時間が短い点、熱産生率をコントロールしていない点が挙げられますです。

Dr.KID
Dr.KID
単純に運動のパフォーマンスを上げるために安易に内服するのは避けたほうが良いと個人的には考えています。

高温多湿での運動ですが、基本的には暑すぎる日の運動は避け、水分をこまめに摂取すること、暑さにはゆっくり順応させることが重要と思います。

解熱薬はメリットがないと現状では考えられていますから、熱中症予防を目的とした内服は避けたほうが良いでしょう。

まとめ

今回は、UKで行われた研究で、解熱鎮痛薬(アセトアミノフェン)の使用が、暑さによる体温上昇を緩和し、運動能力を向上させる可能性があるかみています。

高温多湿下での運動前に解熱薬を飲むと、運動能力の向上や深部体温の上昇の抑制効果などが認められたようです。

ですが、熱中症などの予防目的に安易に解熱薬を内服するのは避けたほうが良いでしょう。

 

 

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

 

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、胃腸炎について、自然経過やホームケアについて解説をした絵本です。

 

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/07/04 22:34:04時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST