科学的根拠のある子育て・育児

システマティックレビューとメタ解析からみた下痢の食事・母乳再開のタイミング

  •  下痢の時、食事や母乳、ミルクはどうしたら良いですか?

という質問はよくあります。

なかには、

  •  腸を休ませるために、食事やミルクは控えて
  •  ミルクより経口補水液にしましょう

などと指導しているケースもあるようです。

もちろん、嘔吐がひどい状況でしたら、食事は控えたほうがよいでしょうし、場合によっては経口補水液でもよいと思います。

しかし、ミルクや母乳が飲める、離乳食が食べられる状況で、わざわざ経口補水液にするメリットはほとんどないと考えられています。

これまでは、個々の論文を解説してきましたが、今回はこのまとめとなるシステマティックレビューとメタ解析をみてみましょう。

ポイント

  • 10歳未満の小児を対象に行われたメタ解析

  • 下痢のときに経口補水液の投与のみに制限すべきか、食事やミルクを早期に再開すべきか検討

  • 経口補水液のみに制限しても、下痢の遷延、嘔吐の回数、体重増加においてメリットはほぼなさそう

マミー
マミー
結局、下痢のとき、食事やミルクはどうしたらいいですか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の論文を見て、一緒に考えていきましょう。

小児の下痢のときは、飲める・食べれる状況であれば、これまでの食生活を無理に変更する必要はないと私は考えています。

 研究の概要

今回は、小児の下痢において、離乳食や人工乳などを早期に再開すべきか、すこし遅らせるべきかを検討しています。

 対象患者

対象となったのは、

  •  10歳未満
  •  下痢

のある小児が対象です。

治療

治療は、

  •  12時間以内に食事・ミルクの再開
  •  12時間以降に食事・ミルクの再開

のランダムにわりつけた研究を集めています。

研究結果

結果は以下の通りでした

1. 下痢の期間について

下痢の期間は報告によっておおきくばらつきがありますが、総合的にみると、食事やミルクの再開を遅らせるメリットはなさそうでした。

2. 点滴の可能性について

早期に食事・ミルクを再開しても、(嘔吐が悪化して)点滴が必要となる割合は増えないようです。

3. 嘔吐について

早期に食事・ミルク再開を恐れる理由の1つとして、嘔吐がありますが、嘔吐の頻度が特別高くなるわけではなさそうでした。

4. 下痢が長引く可能性について

「胃腸炎で腸があれている時に、食事やミルクを再開すると、かえって下痢が長くなる」という指導も世の中にはあるようです。

しかし、今回のメタ解析では、早期に食事やミルクを再開したからといって、下痢が14日以上長引く可能性が高まるわけではなさそうでした。

 感想と考察

今回のメタ解析結果では、多くは乳幼児が対象です。

胃腸炎による下痢のときに、特別、ミルクや食事の再開を遅らせても、下痢の期間はほとんど変わらず、体重増加にも影響がなさそうです。

飲食できる状態であれば、特別な制限は不要なのではないでしょうか。

Dr.KID
Dr.KID
下痢の時、無理に食生活を変更する必要はないと思います。これは過去の研究でも、メタ解析でもおなじ結論です

まとめ

今回は、10歳未満の小児を対象に行われたメタ解析で、下痢のときに経口補水液の投与のみに制限すべきか、食事やミルクを早期に再開すべきか検討しています。

経口補水液のみに制限しても、下痢の遷延、嘔吐の回数、体重増加においてメリットはほぼなさそうです。

Dr. KIDの書籍(医学書)

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

新刊(医学書):小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/10/26 06:18:47時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST