科学的根拠のある子育て・育児

RSウイルスによる入院や重症化の疫学 [システマティックレビューとメタ解析]

RSウイルスは小児でよく感染するウイルスで、2歳までにほぼ100%の小児が感染します。

重症度の幅は広く、軽い風邪症状から入院が必要な重症まであります。詳しくはこちらの記事で解説しています:

小児科医が解説するRSウイルスのまとめRSウイルスって何ですか? 『RSウイルス』はどこかで聞いた、という方が多いのではないでしょうか。 ですが、「RSってなに?」と、ど...

今回は、RSウイルスによる重症化を年齢別にみたシステマティックレビューとメタ解析をみつけたため、そちらをご紹介させていただきます。

ポイント

  • RSウイルスによる入院率と死亡率をみた研究
  • 1歳未満は入院率が高く、20ケース/1000人年ほど
  •  死亡率は6ケース/1000人年ほど
マミー
マミー
RSウイルスはどのくらいの確率で重症化しますか?

Dr.KID
Dr.KID
月齢によって重症化のリスクは大きくことなるので、データをみてみましょう。

参考文献

Stein et al. Respiratory Syncytial Virus Hospitalization and Mortality: Systematic Review and Meta-Analysis. Pediatric Pulmonology 52:556–569 (2017) 

研究の方法

今回のsystematic reviewとmata-analysisは、

  •   Pubmed
  •   Embase

を使用して行われています。

アウトカムについて

アウトカムに関しては、

  •   RSウイルスによる入院率
  •   RSウイルスによる死亡率

などを見ています。

Dr.KID
Dr.KID
各国のデータを集めて統合をこころみています。

研究結果と考察

最終的に55の研究がシステマティックレビューの対象となっています。

 年齢別にみた入院率

アフリカ(ケニア、南アフリカ、モザンビーク)、アジア(香港、インド、タイ、ベトナム、バングラディッシュ、台湾、韓国)、アメリカ、欧州(デンマーク、ドイツ、フランス、オランダ、イギリス)、南アメリカ(アルゼンチン、チリ、グアテマラ)、オーストラリアが対象になっています。

年齢別にみた入院率は以下の通りでした:

年齢 入院率
(/1000PYs)
(95%CI)
< 6ヶ月 20.01 (9.65-41.31)
< 12ヶ月 19.19 (15.04-24.48)
< 24ヶ月 13.42 (8.20-21.89)
24-60ヶ月 1.71 (0.53-5.46)
< 60ヶ月 4.37 (2.98-6.42)
早産児 63.85 (37.52-109.7)

入院率は1歳未満の小児が多く、2歳以上になるとかなり低下するのがわかります。

 年齢別にみた致死率

アフリカ(ケニア、南アフリカ、モロッコ、モザンビーク、エジプト)、アジア(中国、韓国、台湾、インド、インドネシア)、スイス、アメリカ、ラテンアメリカ(メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、グアテマラ)、中東(サウジアラビア、ヨルダン)からデータを集めています。

RSウイルスによる致死率は以下の通りでした:

年齢 死亡率
(/1000PYs)
(95%CI)
< 6ヶ月 N/A N/A
< 12ヶ月 6.60 (1.85-16.93)
< 24ヶ月 1.04 (0.17-12.06)
24-60ヶ月 4.68 (1.23-14.70)
< 60ヶ月 N/A N/A
早産児 6.21 (37.52-109.7)

この結果ですが、先進国としてはやや高い印象ですね。

例えば、オーストラリアやヨーロッパでは死亡率はほぼ0でして、アメリカでも0.9/1000程度です。

 感想と考察

RSウイルスによる入院率・致死率をみた研究です。世界的なトレンドを知るにはよい指標かもしれませんが、国によって医療へのアクセスや、医療レベルが異なりため、異質性の高いデータでした。

このため、先進国よりは高いけれども、途上国よりは低いという印象です。

残念なことに、これらのデータに日本のものはありません。日本の疫学研究がいかに脆弱であるか、同様の研究においても露呈してしまったいる印象ですね。

Dr.KID
Dr.KID
基礎研究だけでなく、疫学研究も医学を支える上で重要です。

まとめ

RSウイルスの入院率と死亡率に関する世界的な平均を推定した研究でした。

6ヶ月〜1歳未満は入院率は他の年齢より高く、注意が必要でしょう。

マミー
マミー
特に乳幼児は注意が必要なのですね?

Dr.KID
Dr.KID
実際にはかぜで終わってしまうことも多いのですが、一部のお子さんで重症化することが多いので、注意はやはり必要ですね。

まとめ

  • RSウイルスによる入院率と死亡率をみた研究
  • 1歳未満は入院率が高く、20ケース/1000人年ほど
  •  死亡率は6ケース/1000人年ほど
  •  先進国はこれよりもっと低い値と思われる

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。