科学的根拠のある子育て・育児

RSウイルス迅速検査の感度と特異度について [システマティックレビューとメタ解析]

インフルエンザ迅速検査の感度と特異度について沢山解説してきました。今回は、RSウイルスの迅速検査における感度と特異度を調査した研究を発見したので、そちらを解説させていただければと思います。

ポイント

  •  RSウイルス迅速検査のシステマティックレビューとメタ解析
  •  感度は80%、特異度は95%ほど

 

マミー
マミー
検査は100%ではないんですか?

Dr.KID
Dr.KID
迅速検査は簡便である反面、正確性は劣ってしまいます。

参考文献

Diagnostic Accuracy of Rapid Antigen Detection Tests for Respiratory. Syncytial Virus Infection: Systematic Review and Meta-analysis. Journal of clinical microbiology. 2015;53-3738-3749.

研究の方法

今回の研究は、

  •   Pubmed
  •   Embase

を利用して行われたsystematic reviewとmeta-analysisです。

検査について

検査の感度・特異度に関しては、

  •   bivariate random-effects regression model
  •   minds (Stata)

などを利用してデータの統合を試みています。

研究結果と考察

最終的に71の研究が解析の対象となりました。83%の研究は小児 (N = 63) でした。

Dr.KID
Dr.KID
意外と沢山の研究がありました。

ゴールドスタンダードは、

  •  ウイルス培養
  •  PCR
  •  免疫染色

のいずれかを使用しています。

 全体の感度・特異度

小児における感度・特異度は以下の通りでした(N = 63):

  •  感度:81% (78%-84%)
  •  特異度:96% (95%-98%)

ちなみに、成人の結果は以下の通りです:

  •  感度:29% (11%-48%)
  •  特異度:99% (98%-100%)

かなり感度低いですね。

 製品によって感度は異なるか?

RSウイルスの迅速検査もいくつかありますが、感度が異なるかをみています:

  •  Abbott TestPack RSV
  •  Directigen RSV
  •  Directigen EZ RSV
  •  Binax Now RSV
  •  RSV Respi-Strip

の5種類で感度・特異度を比較しましたが、感度は80%、特異度は95%くらいでした。

 スポンサーがある方が感度が高い

スポンサーからサポートをもらって行われた研究のほうが感度は高くでています:

  •  あり:感度 87%(83%-90%)
  •  なし:感度 78%(75%-82%)

スポンサーがあるほうが結果が良いのは興味深い結果ですね。インフルエンザの検査なども、同様の結果があるかも気になるところです。

 感想と考察

RSウイルスの迅速検査ですが、感度は思ったより低かったです。

感度は80%くらいですので、逆にいうと20%くらいは見逃してしまう可能性があるようです。

Dr.KID
Dr.KID
迅速検査の感度は必ずしも高くないようですね。

まとめ

今回のシステマティックレビューとメタ解析によると、小児の感度は80%ほど、特異度は95%ほどのようですね。

小児の研究数は60ほどあり、信頼してよい値と思いました。

マミー
マミー
RSウイルスの検査適応ってありますか?

Dr.KID
Dr.KID
基本的には1歳未満のお子さんが対象です。

まとめ

  •  RSウイルス迅速検査のシステマティックレビューとメタ解析
  •  感度は80%、特異度は95%ほど

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST