科学的根拠のある子育て・育児

鼻腔閉塞の主観的および客観的指標に対して鼻毛は影響するか?[アメリカ編]

今回は、鼻毛(vibrissae)が鼻腔閉塞に与える影響について検証した研究になります。

とてもユニークな研究でしたので、ご紹介します。

マミー
マミー
鼻毛ってどのような役割があるのですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
鼻の保湿や、空気をある程度フィルターする役割もあると言われています。一方で、切ると鼻閉症状がすっきりするかもという研究もあるようです。

Dr.KID
Dr.KID
実際に論文を読んでみましょう

ポイント

  • 鼻毛(vibrissae)が鼻腔閉塞に与える影響について検証した研究
  • 鼻毛をカットすると、主観的および客観的な鼻の閉塞感の評価において改善
  • 特に鼻毛の密度が高い患者において、この傾向が強かった

 2015年にアメリカから発表されたようです

鼻腔閉塞の主観的および客観的指標に対して鼻毛は影響するか?[アメリカ編]

研究の背景/目的

鼻づまりや鼻閉は、広く普及している問題であり、広範に研究されている。
しかし、鼻毛(vibrissae)が鼻腔閉塞に与える影響について述べた研究は発表されていない。

鼻毛が鼻閉の主観的・客観的測定に与える影響を評価することを目的として、本研究が行われた。

研究の方法

この前向き研究では、鼻の症状のない30名の健常な男性を対象に、ベースラインの鼻毛密度を評価し、局所的な充血除去剤を投与した。

その後、被験者はライノメトリーを受ける前に、Nasal Obstruction Symptom Evaluation instrumentの4つの質問を用いて、主観的に鼻呼吸を評価するよう求められた。

その後、鼻毛を切除し、被験者は主観的評価と客観的評価を繰り返した。

症状スコア、鼻腔通気量、抵抗値などの介入前後の結果を、統計解析を用いて比較した。

Dr.KID
Dr.KID
鼻毛カットの前後で症状がどう推移したのかを調べたようです。

研究の結果

被験者の鼻腔特異的症状のスコアおよび鼻腔の客観的測定値には、統計的に有意な改善が認められた。

ベースライン時に鼻毛が中程度または多いと評価された患者は、少ないと評価された患者に比べて、主観的および客観的な閉塞評価において改善する可能性が高いことが指摘された。

結論

これら30名の被験者において、主観的および客観的な鼻の閉塞感の評価において、特に鼻毛の密度が高い患者において、統計的に有意な改善が見られた。

これらの知見は、一部の鼻閉患者において、鼻毛の密度を減少させることの潜在的な有益性についてのさらなる研究を支持するものである。

考察と感想

面白い着眼点の研究と思いました。鼻毛をカットすると、鼻の通気がよくなるという内容で、言われてみれば当たり前かもしれませんが、こうして論文化されると面白いですね。

Dr.KID
Dr.KID
自分も鼻毛をカットした後は、なんとなく鼻の通りが改善している気がします。

とはいえ、この研究は前後比較研究であり、因果の検証は不十分かもしれないです。

鼻毛の密度の評価は、

  • 「少ない」:鼻孔に毛がほとんど見られず、毛の長さが非常に短く、鼻腔がはっきりと見える状態
  • 「多い」:毛が多く、毛の長さが長く、鼻腔がはっきりと見えない状態
  • 「中程度」:この間にある状態

と定義したようです。

Dr.KID
Dr.KID
やや主観的な指標ですので、誤分類はそれなりにありそうです。

また、鼻の症状の4つの指標とは、以下のものだったようです:

  問題なし 軽度 中等度 やや悪い 非常に悪い
鼻汁 0 1 2 3 4
鼻閉 0 1 2 3 4
鼻呼吸 0 1 2 3 4
労作時の鼻呼吸 0 1 2 3 4

それぞれの指標が「問題なし」となる割合は、鼻毛カットの前後で以下のように変化したようです:

  •  鼻汁:63%→80%
  •  鼻閉:83%→93%
  •  鼻呼吸:80%→97%
  •  労作時の鼻呼吸:90%→97%

健常者が対象なので、もともとのベースラインも高いですね。

まとめ

鼻毛が鼻腔閉塞に与える影響について検証した研究になります。

鼻毛をカットすると、主観的および客観的な鼻の閉塞感の評価において改善が認められました。また、特に鼻毛の密度が高い患者において、この傾向が強かったようです。

鼻毛については、こちらのnoteでも詳しく書いています↓↓

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/11/27 12:41:45時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

絵本:ウイルスがからだにはいると、どうなるの?(1)
めからはいりやすいウイルスのはなし 

アデノウイルスをモチーフにした絵本です。ウイルスに感染すると体で何が起きているのか、そしてご自宅ではどのように過ごしたらよいのか、子供や保護者にわかりやすいようにストーリーを描きました。

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST