科学的根拠のある子育て・育児

月齢別にみたRSウイルスの入院率について [1997-2006. アメリカ編]

米国では、RSウイルスは小児の下気道感染症において最も多い感染症といわれているようです。たとえば、アメリカでは210万人の5歳未満の小児が医療機関に受診しているという推定もあるようです。

RSウイルス感染と聞くと、入院や重症化といったことを気にされる保護者の方々も多いですが、大半は軽症でおわり、一部が入院を要します。今回は、月齢や年齢によって異なる入院率について解説していければと思います。

ポイント

  •  アメリカにおいて、RSウイルス感染の入院率を推定した研究
  •  生後2ヶ月未満は高く、24ヶ月以降は入院率は非常に低い
マミー
マミー
RSウイルスは必ずしも重症とはかぎらない?

Dr.KID
Dr.KID
軽い風邪で終わる子供が多いですが、一部で重症化をきたすことがあります。

小児科医が解説するRSウイルスのまとめRSウイルスって何ですか? 『RSウイルス』はどこかで聞いた、という方が多いのではないでしょうか。 ですが、「RSってなに?」と、ど...
参考文献

Stockman LJ, et al. Respiratory syncytial virus-associated hospitalizations among infants and young children in the United States, 1997-2006. Pediatr Infect Dis J. 2012 Jan;31(1):5-9

研究の方法

今回の研究はNational Hospital Discharge Survey(NHDS)というデータとICD-9-CMとNew Vaccine Surveillance Networkを用いて行われた研究です。5歳未満の小児の入院を対象に行なわれています。

月齢でわけて入院率と95%信頼区間を提示しています。

Dr.KID
Dr.KID
が、どう95%CIを計算したか明記されていません…

研究結果と考察

 月齢別でみた入院率について

月齢 入院率
(/1000 children)
95%CI
0-2 48.9 36.6-61.2
3-5 28.4 21.3-35.5
6-11 13.4 10.7-16.1
12-23 5.0 4.0-6.0
24-59 0.8 0.6-1.0

月齢が低いほど、入院率が高い傾向にあります。2ヶ月までは非常に高い入院率ですが、2歳を超えるとかなり低くなっているのが分かります。

 感想と考察

RSウイルス感染を語るときにかかせないのが、月齢や基礎疾患です。月齢に関しては低いほど重症化のリスクは高く、2歳を超えると入院が必要な例は確実に減少します。

一方で、この研究では分母に使用された数字の推定値が不明確、どう95%信頼区間を計算したのかもよくわからない、という印象を受けました。分母が1000人に入院患者なのか、1000人のRSVirus感染者なのか、1000人の小児なのか、非常に重要な点だとは思うのですが、ここが曖昧でつかみどころがない結果です。

Dr.KID
Dr.KID
おそらく、1000人の小児だと思うのですが…

まとめ

RSウイルス感染に関して、2ヶ月未満の入院率は高く、月齢が高くなるほど入院率は減少する傾向にありました。

一方で、分母や入院率の計算方法が曖昧で、再現性が難しい研究の印象も受けてしまいました。

マミー
マミー
RSウイルスはみんな罹患するって本当ですか?

Dr.KID
Dr.KID
2歳までに多くのお子さんは感染します。月齢によって重症化のリスクが異なるのは知っておいてもよいでしょう。

まとめ

  •  アメリカにおいて、RSウイルス感染の入院率を推定した研究
  •  生後2ヶ月未満は高く、24ヶ月以降は入院率は非常に低い

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST