賢明な医療の選択

リウマチ性疾患を評価するために、小児に対してリウマトイド因子を単独でオーダーしない[Choosing wisely]

今回は、小児のリウマチ性疾患を評価するためのリウマトイド因子に関してです。

この推奨を「choosing wisely」ではどのように記載されているのか紹介してみようと思います。

ユーキ先生
ユーキ先生
小児のリウマチ性疾患を評価するためのリウマトイド因子に関して、教えてください

Dr.KID
Dr.KID
Choosing wiselyを見てみましょう。

ポイント

  •  Choosing wisely:小児のリウマチ性疾患を評価するためのリウマトイド因子
  •  あくまで臨床所見が重要であり、RFを単独でオーダーして診断しない

American Academy of PediatricsからのChoosing Wisely

リウマチ性疾患を評価するために、小児に対してリウマトイド因子を単独でオーダーしない[Choosing wisely]

Do not order rheumatoid factor (RF) alone, or as part of a “panel” or “cascade” in children to evaluate for rheumatologic disease such as juvenile idiopathic arthritis (JIA) due to musculoskeletal complaints. Do not let laboratory results guide referral.

JIA is a clinical diagnosis, and laboratory studies are used to prognosticate severity. Only 10-30% of children with JIA have a positive RF compared to the majority of adults with rheumatoid arthritis. The relevance of other antibodies such as anti-cyclic citrullinated peptide (anti-CCP) has not been established in the pediatric population. Additionally, RF is nonspecific and can be positive in other diseases, infections, or healthy individuals, and these labs are typically expensive. Patients may still have JIA despite a negative RF, and a positive test with no clinical disease causes significant parental anxiety and may result in additional unnecessary testing.

若年性特発性関節炎(JIA)のような筋骨格系の疾患に起因するリウマチ性疾患を評価するために、小児に対してリウマトイド因子(RF)を単独で、あるいは「パネル」や「カスケード」の一部としてオーダーしてはいけません。検査結果を参考にしてはいけません。

JIA は臨床診断であり、臨床検査は重症度を予測するために用いられる。成人の関節リウマチ患者の大部分と比較して、JIA の子供のわずか 10-30%が RF 陽性である。

抗環状シトルリンペプチド(抗CCP)のような他の抗体の関連性は、小児集団では確立されていません。さらに、RFは非特異的で、他の疾患や感染症、健康な人でも陽性になる可能性があり、これらの検査は一般的に高価です。

患者はRFが陰性であってもJIAを発症している可能性があり、臨床疾患がないのに検査が陽性の場合、親は大きな不安を感じ、さらに不必要な検査を行うことになるかもしれません。

考察と感想

小児のリウマチ性疾患を評価するためのリウマトイド因子に関してでした。

JIAにおいてRF陽性になる例は一部であり、除外診断にはならないでしょうし、仮に陽性であったとしても偽陽性のリスクがあるでしょう。

参考文献も読んでみようと思います:

Groot N, Heijstek M, Wulffraat N. Agarwal M, Sawhney S. Laboratory tests in pediatric rheumatology. Indian J Pediatr 2010;77(9):1011–6.

Dalrymple A. Laboratory evaluation in pediatric autoimmune disease. Pediatr Rev 2015;36(11):496.

Ingegnoli F, Castelli R, Gualtierotti R. Rheumatoid Factors: Clinical Applications. Hindawi 2013;35(6):727–34.

Smolen, Josef S, Aletaha, Daniel, McInnes, Iain B. Rheumatoid arthritis. The Lancet 2016;338(10055):2023-2038.

Wong, Kai O. Bond, Kenneth Homik, Joanne Ellsworth, Janet E. Karkhaneh, Mohammad Ha, Christine Dryden DM. Antinuclear Antibody, Rheumatoid Factor, and Cyclic-Citrullinated Peptide Tests for Evaluating Musculoskeletal Complaints in Children. 2012.

まとめ

今回は、小児のリウマチ性疾患を評価するためのリウマトイド因子に関するchoosing wiselyをご紹介しました。

これ以外にも項目が出ているようなので、コツコツと読んでいこうと思います。

 

created by Rinker
¥6,600
(2021/09/16 16:16:17時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2021/09/17 10:53:16時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

当ブログの注意点について

当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。