医療の質

院内での有害アウトカムとNational Patient Safety Collaborativeのメンバーであることの関連性

アメリカにおける医療の質の向上を検討した研究となります。

マミー
マミー
病院により医療の質が異なるって本当ですか?

ユーキ先生
ユーキ先生
その領域にもよりますが、得意・不得意はあると思います

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • Children’s Hospitals’ Solutions for Patient Safetyに代表される連邦政府出資の病院関与ネットワーク改善モデルと院内での有害事象との関連はどのようなものか?という点で研究

  • この米国とカナダの99の小児病院を含むこの病院コホート研究において、8つの有害事象のうち3つで、経年的な傾向を考慮した有意な改善がみられました。 

      

参考文献

JAMA Pediatr. Published online July 25, 2022. doi:10.1001/jamapediatrics.2022.2493 

 2022年にアメリカから公表されたようです

院内での有害アウトカムとNational Patient Safety Collaborativeのメンバーであることの関連性 [アメリカ編]

研究の背景/目的

米国メディケア医療サービスセンター(Centers for Medicare & Medicaid Services)の「患者のためのパートナーシップ」プログラムの支援を受けた病院関与ネットワークは、院内危害の大幅な減少を報告しているが、方法論の限界とピアレビューの欠如により、このアプローチの有効性に関する疑問が根強く残っている。 

本研究の目的は、連邦政府が資金提供する病院連携ネットワークであるChildren’s Hospitals’Solutions for Patient Safety(SPS)会員と院内感染被害との関連を、標準的な定義と経年的傾向補正を用いて評価することであった。 

研究の方法

99 の小児病院を対象とした前向き病院コホート研究を実施した. 

介入導入時期をずらした分割時系列分析を用いて、既存の経年的傾向を調整した上で、院内有害率の導入直後と導入後の変化を分析した。 

さらに、早期導入コホート(n = 73)と後期導入コホート(n = 26)により、アウトカムを評価した。 

Dr.KID
Dr.KID
こういったネットワークがあるのを知らなかったです。

研究の結果

合計99の病院が参加基準を満たし、分析に含まれた。合計73病院が早期導入コホート(2012~2013年に加入)、26病院が後期導入コホート(2014~2016年に加入)に属すると考えられた。 

合計42病院が独立した小児病院であり、57病院が病院または医療システム内の小児病院であった。  

SPSの導入は,経年的な傾向を考慮した上で,8つの病態のうち3つの病態で院内有害率の改善と関連した。 

例えば、SPSへの加入は、中心カテーテル関連血流感染(係数 = -0.152; 95% CI, -0.213~0.019) および中度以上の重症度の転倒(係数 = -0.331; 95% CI, -0.594~0.069 )の即時減少と関連した。 

SPSの導入は、SPS導入後の月間薬物有害事象発生率の減少(係数=-0.021、95%CI、-0.034~-0.008)と関連していた。 

研究チームは、早期導入コホートでは後期導入コホートと比較して、より大きな減少を観察した。 

結論

厳格な方法(標準的な定義と経年的な傾向を調整した縦断的な時系列分析)の適用により、本研究は、Partnership for Patientsの病院関与ネットワークモデルと院内感染症の減少との関連についてより詳細に分析するものである。 

これらの知見は、このモデルと改善との関連についてのこれまでの主張を補強するものです。 

しかし、連続的な傾向で調整した場合、病院での有害アウトカムに一貫性がないことから、観察されたすべての効果をこのモデルに帰することには、ある程度の注意が必要であることが示唆されます。 

考察と感想

Children’s Hospitals’ Solutions for Patient Safetyに代表される連邦政府出資の病院関与ネットワーク改善モデルと院内での有害事象との関連はどのようなものか?という点で研究されたようです。 

というのも、この件に関するこれまでの議論は、2つの極端に分かれるものでした。一方は、前後比較分析で観察された印象的な削減とそれに対応するコスト削減で、もう一方は、この改善はどれもHENモデル自体によるものではないと主張するものです。 

この米国とカナダの99の小児病院を含むこの病院コホート研究において、8つの危害のうち3つで、経年的な傾向を考慮した有意な改善がみられました。 

Dr.KID
Dr.KID
医療の質の改善は大事ですね。

まとめ

Children’s Hospitals’ Solutions for Patient Safetyに代表される連邦政府出資の病院関与ネットワーク改善モデルと院内での有害事象との関連はどのようなものか?という点で研究されました。

この米国とカナダの99の小児病院を含むこの病院コホート研究において、8つの危害のうち3つで、経年的な傾向を考慮した有意な改善がみられました。 

  

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/04/24 20:06:43時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。