公衆衛生

朝のカフェイン摂取(200mg)が夜間の人間の睡眠とEEGパワースペクトルに与える影響

この研究は、朝に摂取されたカフェインが夜間の睡眠と脳波(EEG)パワースペクトルに与える影響を調査しています。

朝のカフェイン摂取(200mg)が夜間の人間の睡眠とEEGパワースペクトルに与える影響

研究の背景/目的

アデノシンは、睡眠傾向の生理的調節に関与しているとされています。

アデノシン受容体拮抗剤であるカフェイン(100mg)が、夜間の睡眠エピソードの直前に投与されると、睡眠効率の低下、低デルタ周波数のEEGパワー密度の低下、および睡眠スピンドルの周波数範囲のパワー密度の増加という形で睡眠傾向を低下させることが以前に示されています。

研究の方法

睡眠調節におけるアデノシンの役割をさらに調査するために、午前7時10分に200mgのカフェインを9人の健康な男性に投与し、その後の夜間睡眠中の睡眠ステージとEEGパワースペクトルを分析しました。

研究の結果

唾液中のカフェイン濃度は、摂取後1時間の最大17μmol/Lから、午後11時から始まる睡眠エピソードの直前の3μmol/Lに減少しました。

プラセボと比較して、睡眠効率と総睡眠時間が有意に減少しました。

非REM睡眠中のEEGパワー密度は、0.25-0.5Hzの帯域で抑制され、睡眠スピンドルの周波数範囲(11.25-12.0Hzおよび13.25-14.0Hz)で増強されました。

REM睡眠中のEEGパワー密度は、0.75-4.5Hzおよび5.25-6.0Hzの周波数範囲で抑制されました。

結論

データによれば、唾液中のカフェイン濃度が3μmol/L程度の低さであっても、睡眠傾向に直接影響を与えるか、あるいは覚醒時に中枢神経系内にカフェインが存在することが、覚醒と関連する睡眠傾向の漸進的な増加を減少させる可能性があります。

考察と感想

向に影響を与えることが明らかになりました。特に、低いカフェイン濃度でも睡眠に影響があることが示されています。

私たちコーヒー愛好者にとって、この研究はカフェイン摂取と睡眠の質の間のバランスを見直すきっかけとなります。特に、夜間のカフェイン摂取に注意を払い、睡眠の質を損なわないようにすることが重要です。

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2024/02/23 17:36:25時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。