科学的根拠

アンブロキソールは咽頭痛を軽快させるかも(成人)【メタ解析】

前回は小児の肺炎における有効性を検討した系統的レビューとメタ解析をご紹介しました。

系統的レビューからみたアンブロキソールと小児の肺炎【コクラン】 『個々の研究結果を見てきたけれど、アンブロキソールの科学的根拠(エビデンス)は実際どう評価されているのだろうか?』 と気にな...

結局のところ行われた研究数が少なく、1本のRCTを紹介するのみに留まっていました。

Dr.KID
Dr.KID
小児だけに限定してしまうと、あまりに研究結果が少ない…。

小児の臨床研究は基本的に少ないため、成人領域でも類似のものがないか気になるところです。
そこで、成人においてのアンブロキソールの有効性を探したところ、メタ解析をした論文を1本認めたため、ご紹介させていただきます。

本記事で分かること

  • 成人において、アンブロキソールは咽頭痛に有効かもしれない

今回のメタ解析は複数のRCTの結果を統合することに成功しています。
個々のRCTですと不確実性が多いのですが、様々な研究結果を集めて評価することで、より信頼度の高い結果を提示しています。

研究の方法

今回のメタ解析は、

  •   MEDLINE
  •   EMBASE
  •   Central
  •   Clinical Trials.gov

を使用して1966年〜2011年の対象となる研究(RCT)を検索しています。

Mesh termはこちら

MeSH-terms: [Ambroxol AND (pharyngitis OR tonsillitis OR rhinopharyngitis OR tonsillopharyngitis OR pharyngotonsillitis OR sore throat OR pharynx* OR tonsil*)].

咽頭炎において、アンブロキソールの有効性を検討したRCTを抽出し、メタ解析を行っています。咽頭痛の指標として、

  1.  咽頭痛の軽減(-1 = 完全に痛み軽減;-0.1 = 10%の咽頭痛軽減)
  2.  全体的な有効性:4点満点

メタ解析は固定効果(Fixed-effects)+Inverse variance weight(分散の逆数を重み付け)を使用してデータを統合しています。

システマティック・レビューとメタ解析について⑤ 〜固定効果とランダム効果〜前回、システマティック(系統的)レビューとメタ解析における、Heterogeneity(異質性)とその統計学的な評価方法について解説して...
Dr.KID
Dr.KID
固定効果に関する解説はこちらです。

研究結果と考察

5つのRCT、合計1722人の患者が対象となりました。
全ての研究はアンブロキソール vs. プラセボで有効性をしています。
研究の特徴は以下のテーブルになります(論文より拝借)

内服後180分以内の咽頭痛の減少率について

アンブロキソールとプラセボ内服後の咽頭痛の減少率ですが、

  •  アンブロキソール 20mg:37-42%
  •  アンブロキソール 30mg : 40-49%
  •  プラセボ:27-35%

となっています。

こちらがメタ解析のForest Plotになります。
プラセボ群と比較して、アンブロキソール 20mgは10%ほど、アンブロキソール 30mgは17%ほど痛みが軽減していました。

全体的な有効性の評価

全体的な有効性の評価ですが、アンブロキソール vs プラセボの有効性を感じた人の割合は、

  •  1日目:69% vs. 53%
  •  2日目:78% vs. 59%
  •  3日目:83% vs. 67%

となっています。

Dr.KID
Dr.KID
痛みや全体の評価もアンブロキソールを内服した方が良さそうでした。

考察と感想

今回の研究では(意外と!?)アンブロキソールが咽頭痛に効きそうという結果でした。
劇的に効くというわけではなさそうですが、かぜ薬のエビデンスが少ない中、有効性が検証された貴重な研究と思います。

気になるのは鎮痛剤との比較でしょうか。
個人的な話ですが、喉が痛ければ痛みどめ(アセトアミノフェン)を私は服用しますし、飲み物がのみづらければ冷たい飲み物を飲むようにしています。
この辺りと比較してどうか、純粋に興味があります。

成人のみで有効性が評価されているため、この結果を小児にまで一般化できるかは、私は慎重に考えています。
もちろん有効である可能性を頭ごなしに否定しているのではなく、成人には有効だったけれども、小児には効かないということもあり得るということです。
そういった不確実性を無視しない方が良いでしょう。

まとめ

成人での研究結果になりますが、咽頭炎に対してアンブロキソールは症状を和らげる効果があるのかもしれません。

(あまり期待はできないのですが)小児でも同様の研究が行われると良いなと感じています。

Dr.KID
Dr.KID
小児科領域でも、もっとエビデンスが欲しい…

まとめ

アンブロキソール(ムコソルバン®︎)は…

  •  成人においては咽頭痛を和らげるかもしれない
  •  痛み止めと比較してどうかはわからない
  •  小児においての有効性は不明のまま…
ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。