乗り物酔い

乗り物酔い予防におけるショウガの効果[台湾編]

今回は、乗り物いに対してショウガは有効か、安全かを検証したRCTの紹介です。

マミー
マミー
乗り物酔いに有効なお薬はありますか?

ユーキ先生
ユーキ先生
1990年くらいから、さまざまな研究がされていたようです。

Dr.KID
Dr.KID
論文を読んでみましょう

ポイント

  • ショウガが乗り物酔いの有効化を実験室で検討したRCT
  • ショウガは回転ベクションによる吐き気、胃の異常運動、血中のバソプレシン放出を効果的に抑制
  • 乗り物酔いの予防効果が示唆された

参考文献

Lien HC, Sun WM, Chen YH, Kim H, Hasler W, Owyang C. Effects of ginger on motion sickness and gastric slow-wave dysrhythmias induced by circular vection. Am J Physiol Gastrointest Liver Physiol. 2003 Mar;284(3):G481-9. doi: 10.1152/ajpgi.00164.2002. PMID: 12576305

 2003年に台湾から公表されたようです

乗り物酔い予防におけるショウガの効果[台湾編]

研究の背景/目的

ショウガは古くから乗り物酔いを防ぐ代替薬として使われてきました。

しかし、その作用機序は不明である。

ショウガが胃の不整リズムの発生と血漿バソプレシンの上昇を防ぐことにより、乗り物酔いに伴う吐き気を改善すると仮説を立てた。

研究の方法

乗り物酔いの既往のあるボランティア13名に回転ベクションを行い、その際の吐き気(0〜3点、すなわち無〜重)、胃電図記録、血漿バソプレシン濃度を、ショウガの前処理を行った場合と行わない場合でクロスオーバーデザイン、二重盲検、無作為プラセボ比較試験により評価した。

Dr.KID
Dr.KID
この研究デザインでは、参加者は皆、ショウガとプラセボを経験したことになります。

研究の結果

回転ベクションは最大吐き気スコア2.5±0.2を誘発し、胃腸活動亢進および血漿バソプレシンを増加させた。

ショウガ(1,000 mgおよび2,000 mg)の前処理により,吐き気,頻脈,および血漿バソプレシンは減少した.

また、ショウガは吐き気発現までの潜伏時間を延長し、ヴェクション停止後の回復時間を短縮した。0.1および0.2 U/minのバソプレシン静注は吐き気を誘発し、胃活動低下を増加させたが、ショウガの前処理(2,000mg)はどちらにも影響を与えなかった。

結論

ショウガは回転ベクションによる吐き気、胃の異常運動、バソプレシン放出を効果的に抑制した。
このように、ショウガは乗り物酔いの予防と治療における新しい薬剤として作用する可能性がある。

考察と感想

「なんでショウガ?なんでバソプレッシン?」と疑問でしたが、著者らの以前の研究の経緯もあるようです。

例えば、著者らは、血漿中バソプレシン濃度の上昇が、回転ヴェクションによる吐き気の発生と消失に密接な時間的関係を示されており、神経下垂体から放出されるバソプレシンが吐き気を媒介するかもしれないと考えていたようです。

さらに、選択的バソプレシン拮抗薬は霊長類において乗り物酔いの症状を消失させた研究結果もあるようです。

このためショウガは胃の不整運動の発生と血漿バソプレシン濃度の上昇を抑制することにより、回転ヴェクションによる吐き気を改善するものと考えているようです。

またショウガは食べたのではなく、カプセルに入ったものを内服したようです。

created by Rinker
ネイチャーズウェイ(Nature's Way)
¥1,586
(2022/05/27 12:30:43時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
1,000- or 2,000-mg ginger capsules (Nature’s Way, Springville, UT) と記載されていました。

1000 mgで十分なようで、実際に嘔気が誘発される潜伏時間は延長し、血中のバソプレッシン濃度の上昇も抑えられたようです。

まとめ

ショウガが乗り物酔いの有効化を実験室で検討したRCTとなります。

ショウガは回転ベクションによる吐き気、胃の異常運動、血中のバソプレシン放出を効果的に抑制し、乗り物酔いの予防効果が示唆されました。

 

詳しいデータはnoteの方で執筆しています:

乗り物酔いとショウガついてまとめたnote

乗り物酔いにショウガは効くのか?|Dr.KID

Dr. KIDの執筆した書籍・Note

絵本:めからはいりやすいウイルスのはなし

知っておきたいウイルスと体のこと:
目から入りやすいウイルス(アデノウイルス)が体に入ると何が起きるのでしょう。
ウイルスと、ウイルスとたたかう体の様子をやさしく解説。

感染症にかかるとどうなるのか、そしてどうやって治すことができるのか、
わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:はなからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、鼻かぜについて、わかりやすいストーリーと絵で展開します。

絵本:くちからはいりやすいウイルスのはなし

こちらの絵本では、 胃腸炎について、自然経過、ホームケア、感染予防について解説した絵本です。

医学書:小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

医学書:小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2022/05/27 21:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

Dr.KID
Dr.KID
各章のはじめに4コマ漫画がありますよー!

noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

ABOUT ME
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST