科学的根拠のある子育て・育児

アメリカ小児科学会が推奨するスクリーンタイムを超えた場合、発達に影響するのか?[台湾編]

スクリーンタイム(テレビなどの画面の視聴時間)について、18〜24ヶ月未満の乳幼児は、基本的に設けないことが推奨されています。なた、2〜5歳に関しては、1時間未満が良いとされています。

この理由の1つとして、小児の発達に与える影響が挙げられます。。

特に2歳未満の乳幼児は、テレビ番組などメディアから学習することはできず、その時間は保護者などとの交流・双方向性の教育の機会が奪われてしまいます。

今回は、その点を見た論文をご紹介します。

ポイント

  •  メディアへの暴露時間が、発達に与える影響を推定
  •  メディア暴露時間が長いと、認知・言語・運動能力の遅れは関連性を認めた
マミー
マミー
スクリーンタイムってどうなのでしょうか?

Dr.KID
Dr.KID
過去の文献をみてみましょう。

スクリーンタイムは、米国小児科学会は2016年の改訂で、2歳未満は0時間(みせないこと)、2〜5歳は1時間までを推奨しています。テレビなどを観る際も、保護者と一緒にみることを推奨しています。

オーストラリアも似たような方針を出しています。

 研究の概要

背景・目的:

生後36か月未満の幼児の発達技能に対して、テレビ曝露の影響を推定した文献は少ない。

本研究では、乳幼児を対象にテレビの視聴時間を調査し、認知・言語・運動発達技能に対する影響を評価した。

方法:

台湾南部にある大学医療センターの小児クリニックからデータを収集した。

参加者は、 15か月〜35か月の間に

  • テレビに頻繁に曝露された75人の子供
  • テレビに曝露されていない or 稀にしか曝露されていない75人の子供

の2グループで構成された。

カットオフは以下の通りにしていたようです:

  テレビ曝露 コントロール
1.5〜2歳 あり なし
2歳〜 < 2時間 > 2時間

この2グループで、年齢と性別を用いてマッチングをした。

「Bayley乳幼児発達スケール第2版」および「Peabody発達運動スケール第2版」を用いて発達技能を同定した。

ロジスティック回帰分析などで、テレビが発達に与える影響を推定した。

Dr.KID
Dr.KID
単施設の大学病院外来で行われた横断研究なので、選択バイアスの混入はあるでしょうね。

結果:

テレビに頻繁に曝露されていた75人の子供では、2歳までに毎日平均67.4分のテレビを見ていた。これは、アメリカ小児科学会の基準を参考にすると、過剰なテレビ曝露である。

テレビに頻繁に視聴していた小児は、認知、言語および運動発達の遅延リスクが高い傾向にあった。

さらに、これらの関連性は、時間依存性の傾向を認めた。

結論:

小児科医は、幼児における認知、言語、および運動発達を確実にするために、親および養育者へのテレビ曝露の影響を説明することを推奨する。

幼い子どもにテレビを見て過ごす時間を過度に与えることは、発達上有害であるという事実に、アドボカシー活動では対処しなければならない。

考察と感想

参考になりそうなデータは以下の通りです:

15〜23ヶ月

テレビ視聴 あり
(n = 29)
なし
(n= 29)
認知機能の遅れ 20.7% 17.2%
言語発達の遅れ 31.0% 27.6%
運動発達の遅れ 17.2% 20.7%

 

24〜35ヶ月

テレビ視聴 あり
(n = 46)
なし
(n= 46)
認知機能の遅れ 41.3% 10.9%
言語発達の遅れ 60.9% 21.7%
運動発達の遅れ 39.1% 13.0%

異なる年齢層でも、テレビを過剰に見ているグループの方が、発達の遅れを指摘される割合は高い印象です。

多変量ロジスティック回帰分析によると、

  •  認知機能の発達の遅れ:OR 3.9 [1.4〜5.9]
  •  言語発達の遅れ:OR 3.3 [1.5〜7.3]
  •  運動発達の遅れ:OR 3.7 [1.5〜9.3]

と、テレビ視聴と発達の遅れの関連性が指摘されてますね。

Dr.KID
Dr.KID
横断研究ですので、因果の方向性は分かりづらいですね。

まとめ

今回の研究は、台湾の大学病院外来にて、AAPの推奨する時間以上のメディア暴露が、発達に影響するかを検討しています。

推奨する時間以上のテレビを視聴していた小児は、認知・言語・運動発達の遅れを指摘される割合が高い傾向にあったようです。

 

created by Rinker
¥1,584
(2020/10/30 06:21:04時点 Amazon調べ-詳細)

Dr. KIDが執筆した医学書:

小児のかぜ薬のエビデンス

小児のかぜ薬のエビデンスについて、システマティックレビューとメタ解析の結果を中心に解説しています。
また、これらの文献の読み方・考え方についても「Lecture」として解説しました。
1冊で2度美味しい本です:

小児の診療に関わる医療者に広く読んでいただければと思います。

 

小児の抗菌薬のエビデンス

こちらは、私が3年間かかわってきた小児の抗菌薬の適正使用を行なった研究から生まれた書籍です。

日本の小児において、現在の抗菌薬の使用状況の何が問題で、どのようなエビデンスを知れば、実際の診療に変化をもたらせるのかを、小児感染症のエキスパートの先生と一緒に議論しながら生まれた書籍です。

created by Rinker
¥3,850
(2020/10/30 06:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

Noteもやっています

かぜ薬とホームケアのまとめnote

小児のかぜ薬とホームケアの科学的根拠

 

小児科外来でよくある質問に、科学的根拠を持って答えるnote

保護者からのよくある質問に科学的根拠で答える

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。