科学的根拠のある子育て・育児

インフルエンザワクチンは乳幼児に有効? 2010-12 [中国&観察研究]

今回も中国のGuangzhou地区からの研究です。

  •  インフルエンザワクチンって6ヶ月〜1歳には効かないのでは?

と疑問のある方がいるかもしれません。また、臨床医でも「効かないから意味ない」と患者さんに説明をしている方もいますが、少なくとも2010年代の研究を見ると有効性はきちんとありそうです。

ポイント

  •  複数のシーズンで、インフルエンザワクチンが6-35ヶ月に有効か検討
  •  2回接種すれば、乳幼児でも有効性はある
  •  ワクチン有効性(VE)はおよそ50-70%ほど
マミー
マミー
複数のシーズンで、小さなお子さんへのワクチンの有効性を見てるのですね?

Dr.KID
Dr.KID
2010年前後から研究が盛んで、今回は2010-12シーズンの結果をご紹介します。

 

研究の方法

今回の研究は、2010-2011と2011-2012シーズンでインフルエンザワクチンの有効性を検証しています。研究方法は、マッチングを利用したケースコントロール研究です。

対象となったのは、

  •   6ヶ月〜59ヶ月
  •   基礎疾患のない小児

などが該当しています。

ケースはPCRで確定したインフルエンザ感染者です。コントロールは、年齢、性別、居住地域をマッチングした上で、ランダムに1:2で選別されています。

Dr.KID
Dr.KID
いわゆるmatched case-control studyです。

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンは、

  •  Full
  •  Partial
  •  なし

のいずれかに場合分けされています。Fullはスケジュール通り接種された状態、partialは1回接種のみが主に該当します。

アウトカムの評価について

アウトカムに関しては、conditional logistic regressionを使用して、ORを推定しています。

ワクチンの有効性(VE)は、

  •  VE = (1 – OR) x 100%

で推定されています。

研究結果と考察

最終的に、2010-11シーズンは209人、2011-2012シーズンは1046人のインフルエンザ感染者が研究対象になっています。コントロールは3765名が選ばれています。

ワクチンの有効性について

シーズン毎に見たワクチンの有効性は以下の通りでした。結果は6-35ヶ月の注目しています:

ワクチン VE 95%CI
2010-11 Full 74.4% (44.6%, 88.2%) 
  Partial 69.3% (30.1%, 86.5%)
  なし Ref  
2011-12 Full 68.8% (56.0%, 77.9%)
  Partial 21.8% (-6.1%, 42.4%)
  なし Ref  

2回接種した場合、ワクチンの有効性ははっきりと出ていそうですね。

シーズンによってもこのブレはなさそうな印象です。

 感想と考察

中国のこの地区では、シーズン毎にインフルエンザワクチンの有効性を検証しているようで素晴らしいと思いました。手元にある文献だけでも、2009-2013年くらいまでは毎年のように見ています。

日本でも同じような試みができるはずなのですが、インフルエンザワクチンは任意摂取になってしまっており、誰がどこで受けたのか確実な情報が集められない状況です。

Case-control studyの利点として、安価で早く有効性を検証することが可能です。もちろん、コントロールのサンプル方法には専門的な知識が必要なので、疫学者が研究に関わる必要はあります。
今回のようにデータが整理されておれば、研究自体はそれほど難しくないのではと思います。

Dr.KID
Dr.KID
研究デザインの利点をうまく活用できると良いですね!

まとめ

今回の中国の研究では、インフルエンザワクチンは6-35ヶ月の小児をターゲットにしても有効性はありそうでした。

「乳幼児は効きづらい」と言われてはいますが、きちんと検証をすれば有効性を示唆した論文は複数あるのがわかります。年をまたいでも同様の結果が出ており、それなりにロバスト(頑強)な結果であると思います。

マミー
マミー
毎年調査して、毎回有効性が認められているので、信頼しても良いということでしょうか?

Dr.KID
Dr.KID
研究の手順も大きなミスはなさそうですし、有効性がある可能性はそれなりに高いと思います。

まとめ

6-35ヶ月へのインフルエンザワクチンは、

  •  どの年でも2回接種すれば、有効性は認められている

 

当ブログの注意点

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、管理者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、「お問い合わせ」から管理者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST