科学的根拠のある子育て・育児

インフルエンザワクチンは乳幼児に有効? [フィンランド&観察研究]

  •  インフルエンザワクチンは乳幼児には効かない
  •  だから、打っても意味がないし、推奨しない

いまだにこんなアドバイスをしている医師もいるようです。

ここ15-20年で、インフルエンザワクチンが乳幼児に有効である点は徐々にわかってきています。この辺りの知識のアップデートなしに、かなり古い根拠をもとに、ずっと同じアドバイスをし続ける医師がいる点は、保護者の方々は注意した方が良いと思います。

今回は、フィンランドで行われた研究結果を見ていきましょう。

ポイント

  • フィンランドで行われたコホートによると…
  • 生後9〜23ヶ月でも、インフルエンザワクチンの有効性はある
マミー
マミー
1−2歳未満のワクチン接種を拒否するクリニックがあると聞きました…

Dr.KID
Dr.KID
基本的に、インフルエンザワクチンは6ヶ月から推奨されていますよ。

研究の方法

今回の研究は2007-08年にフィンランドで行われた前向きコホート研究です。3価のインフルエンザワクチンが、生後9ヶ月〜3歳の小児に有効かを検討しています。

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザワクチンは

  •  不活化(3価)
  •  0.5 ml/dose
  •  4週間空けて2回

接種するのがフィンランドのやり方のようです。

Dr.KID
Dr.KID
日本とは量(0.25 ml)が異なりますね。

アウトカムについて

アウトカムに関しては、

  •    インフルエンザ感染の有無(PCRで確定)

を見ています。

ワクチンの有効性(VE, vaccine efficacy)は、(1 – Risk Ratio) x 100%で推定しています。

研究結果と考察

最終的に631名が研究に参加しています。平均年齢はワクチン接種グループで1.7歳、非接種グループで2.3歳でした。

この集団全体と、年齢別の結果が提示されていました。

全体の結果

全体の結果は以下の通りとなります:

アウトカム RR (95%CI) VE (95%CI)
インフルエンザA 0.16 (0.04 to 0.60) 84% (40 to 96)
インフルエンザB 0.55 (0.22 to 1.34) 45% (-34 to 78)
全て 0.34 (0.16 to 0.71) 66% (29 to 84)
9ヶ月から3歳においては、インフルエンザワクチンの有効性が示唆される内容です。B型に関しては、やや不安定な結果です。

9ヶ月〜2歳

アウトカム RR (95%CI) VE (95%CI)
インフルエンザA 0.21 (0.05 to 0.79) 79% (21 to 95)
インフルエンザB 0.72 (0.22 to 3.12) 28% (-212 to 84)
全て 0.34 (0.16 to 0.91) 66% (9 to 88)
9ヶ月から2歳においても同様で、インフルエンザワクチンの有効性が示唆される内容です。同じくインフルB型に関しては、やや不安定な結果です。

 感想と考察

生後9ヶ月〜2歳でも有効性が示唆される内容が出ています。

シーズンによって流行株が異なるのでしょうが、このシーズンではワクチンの有効性が示唆されていますね。

少しサンプル数は少なく不安定かもしれませんが、少なくともA型の予防効果は確実に見られています。

Dr.KID
Dr.KID
過去の研究から有効性が示唆された研究は多くあります。

まとめ

今回の研究は、生後9ヶ月〜2歳の小児にインフルエンザワクチンの有効性をコホート研究で検証していますが、有効性は示唆されています。

マミー
マミー
国外では2000年代にも有効だった研究はあるのですね?

Dr.KID
Dr.KID
生後9〜23ヶ月でも有効性は示されています。

まとめ

フィンランドで行われたコホートによると…

  •  生後9〜23ヶ月でも、インフルエンザワクチンの有効性はある

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST