科学的根拠のある子育て・育児

小児のインフルエンザを予測する症状について [アメリカ 2006編]

冬のシーズンはインフルエンザが流行します。症状から区別するのは困難で、診断には迅速検査などが必用です。

今回、それぞれの感冒症状がインフルエンザをどのくらい予測するのかを検討した研究があったので、紹介させていただこうと思います。

ポイント

  •  症状からインフルエンザを予測できるか検討した研究
  •  5-12歳に関しては、発熱+咳、のコンビで陽性的中率は80%ほど
  •  1-4歳は症状から予測するのは困難
マミー
マミー
症状からの区別が難しいのはなぜですか?

Dr.KID
Dr.KID
インフルエンザも風邪の一種ですので、他の風邪と見分けるのは臨床的には難しい印象です。

参考文献

Ohmit SE, et al. Symptomatic Predictors of Influenza Virus Positivity in Children during the Influenza Season. CID.2006;43:564-8.

研究の方法

過去に行われたザナミビルとオセルタミビルのRCTで利用した二次データを使用した研究です。

対象となったのは、

  •   5〜12歳:ザナミビル
  •   1〜12歳:オセルタミビル

となっています。

インフルエンザはRCTで診断され、個々の症状は、

  •  発熱 > 38.2
  •  咳
  •  咽頭痛
  •  鼻の症状
  •  筋肉痛
  •  頭痛
  •  倦怠感
    などを調べています。
Dr.KID
Dr.KID
ロジスティック回帰分析を使用して、予測因子としてどのくらい貢献するかをみています。

研究結果と考察

5〜12歳のデータ

5〜12歳のデータを利用して、個々の症状がどのくらいインフルエンザを予測するのかみています。結果は以下の通りです:

症状 OR (95%CI)
発熱 2.67 (1.66-4.30)
5.19 (2.66-10.11)
鼻の症状 1.63 (0.96-2.76)
頭痛 1.16  (0.70-1.91)
食欲低下 1.28 (0.73-2.24)
咽頭痛 1.16 (0.70-1.91)
筋肉痛 0.61 (0.38-0.99)
倦怠感 0.67 (0.31-1.44)

意外と筋肉痛や倦怠感があると、インフルエンザである可能性が低下しています。

1〜4歳のデータ

1〜4歳のデータは以下の通りです:

症状 OR (95%CI)
発熱 1.28 (0.32-1.88)
0.61 (0.11-3.42)
鼻の症状 2.03 (0.65-6.31)
頭痛 1.16  (0.62-2.57)
食欲低下 1.11 (0.41-2.98)
咽頭痛 0.97 (0.50-1.90)
筋肉痛 2.32 (1.22-4.39)
倦怠感 1.64 (0.31-8.68)

1〜4歳は個々の症状をみてもORはそれほど高くなく、95%信頼区間が広いので、かなり不正確な検定ですね。筋肉痛のORがやや高いのが、5歳以上と比べると印象的です。

陽性的中率について

陽性的中率のデータは以下の通りでした:

年齢

5-12 1-4
79%
(75-83)
65%
(58-71)
77%
(73-81)
64%
(58-71)
熱+咳 83%
(79-88)
64%
(58-71)
筋肉痛   73%
(66-81)
熱+咳+筋肉痛   72%
(64-81)

発熱と咳に関しては、陽性的中率は83%ほどでした(5-12歳)

 感想と考察

5〜12歳においては、咳+発熱が予測因子としてよさそうでしたが、臨床的にこの2つがあるからといって、インフルと診断をつけるのは難しそうですね。

1〜4歳に関しては、症状を把握するのが難しかったのか、やはり予測の精度は落ちています。

また、この解析にはcollinearityという統計学的な問題もあり、95%信頼区間が広くなっています。同じような解析をするなら、機械学習(CARTなど)を取り入れて予測したほうがよかったのかもしれないですね。

Dr.KID
Dr.KID
回帰分析なので、似たような因子もモデルに入れると、95%CIが広くなってしまい、モデルが不安定になります。

まとめ

今回の研究では、咳と発熱が5-12歳において、インフルエンザの予測因子として提案されていましたが、陽性的中率は80%ほどです。

1-4歳は症状から予測するのはかなり難しそうな印象です。

マミー
マミー
やはり症状から予測するのは難しいですか?

Dr.KID
Dr.KID
そうですね。90%を超えるような陽性的中率は難しいですね。

まとめ

  •  症状からインフルエンザを予測できるか検討した研究
  •  5-12歳に関しては、発熱+咳、のコンビで陽性的中率は80%ほど
  •  1-4歳は症状から予測するのは困難

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST