科学的根拠のある子育て・育児

インフルエンザの臨床診断と迅速診断キットの感度 [日本 2002-03]

  •  症状のみでインフルエンザを正確に診断できないだろうか?
  •  迅速診断キットの精度は、症状が出てからの時間で異なるだろうか?

臨床医だけでなく、保護者の方々も興味がありそうな質問です。

確かに、実際に外来でも「先生はインフルエンザだと思いますか?」「区別つけられますか?」となかなか鋭い質問を受けることがあります。結論から言うと、臨床的な症状から、インフルエンザとその他のかぜを高い精度を持って見分けることは難しいです。

小児インフルエンザの臨床診断はあてにならない?小児におけるインフルエンザの臨床診断の正確性が気になっている方へ 今回はこちらの論文をピックアップしました。 インフルエンザの臨床診...

さらに、インフルエンザの迅速診断キットにも、感度・特異度があり、発熱してからの期間で精度が異なります。

今回は、日本のデータを発見しましたので、ご紹介させていただこうと思います。

ポイント

  •  インフルエンザの診断に関する妥当性の研究
  •  臨床診断でインフルとその他の風邪を見分けるのはやや困難かも
  •  迅速検査は少なくとも6〜24時間は経過してから
マミー
マミー
症状からインフルエンザを見分けるのは難しのですか?

Dr.KID
Dr.KID
高い精度を持って、と言われてしまうと、難しいと答えてしまいますね…

 

参考文献

インフルエンザの診断:小児科領域における臨床診断と迅速診断キットによる診断について. 2004-7; 5: 227-233

研究の方法

今回の研究は2002/03のシーズンに、小児において行われた研究で、

  •  臨床診断
  •  迅速検査
  •  ウイルス分離

の3つから、どのくらい精度の高い診断ができるのかを、前者2つと、ウイルス分離で比較しています。

対象となったのは、

  •  0-15歳
  •  研究を実施したクリニックに受診した

小児などが該当しています。

 

Dr.KID
Dr.KID
妥当性を評価する研究ですね

研究結果と考察

 

 症状について:インフルエンザらしさとは?

インフルエンザ vs. 非インフルエンザで比較してみると、以下のような違いがあったようです:

インフル A B なし
N 228 176 368
鼻汁 65.5% 53.4% 51.6%
81.7% 63.1% 54.6%
38.1% 26.7% 24.5%
頭痛 40.6% 41.5% 29.9%
くしゃみ 29.1% 21.6% 16.6%
悪心 15.1% 7.4% 9.0%
咽頭痛 43.9% 37.5% 27.7%

A型とインフルなしで比較をしてみると、咳・鼻汁・痰・頭痛・咽頭痛などは、A型の方がやや多い印象ですね。

一方で、B型とインフルなし区別はかなり厳しいですね。

症状について:区別に役にたたなさそうな症状?

インフル A B なし
N 228 176 368
関節痛 14% 14.8% 10.1%
発疹 0.7% 1.1% 1.1%
最高体温 39.4
(0.52)
39.1
(0.63)
39.1
(0.64)
最高と最低 40.5
37.7
40.4
37.4
40.5
37.0
下痢 7.2% 8.5% 10.1%
鼻閉 34.9% 29.0% 26.1%
筋肉痛 12.6% 11.4% 9.2%
腹痛 19.1% 13.1% 13.9%
嘔吐 14.4% 9.1% 12.2%
咽頭発赤 76.6% 81.3% 77.2%
全身倦怠感 62.9% 61.4% 65.8%
食欲不振 60.1% 61.9% 59.8%

関節痛や筋肉痛、高熱は、「インフルエンザの特徴」などと教科書にも書いてあるかもしれませんが、このデータをみると、実際にそうでもないのが分かります。確かに、少しそう言う傾向はあるのかもしれませんが、数%高いレベルですね…

検査の感度

時間別に見た検査の感度は以下の通りでした

インフル A B
<6時間 64.3%
(18/28)
71.4%
(15/21)
7-12時間 90.6%
(29/32)
83.3%
(25/30)
13-24時間 84.1%
(95/113)
77.6%
(59/76)
25-48時間 96.6%
(57/59)
80.6%
(29/36)

やはり、時間とともに感度は変わりますね。少なくとも6時間は経っていた方が良さそうです。

咽頭 vs. 鼻腔スワブによる違い

通常は、鼻腔スワブで診断しますだ、咽頭スワブと比較しています。

A型に関しては、以下の通りでした:

  感度 特異度
鼻腔 89.4%
(186/208)
94.6%
(261/276)
咽頭 78.8%
(41/52)
91.8%
(55/60)

B型はこちらです:

  感度 特異度
鼻腔 75.7%
(103/136)
97.5%
(269/276)
咽頭 78.3%
(18/23)
95%
(57/60)

A型に関しては、咽頭より鼻腔で検査をした方が感度・特異度は少し上がりそうですね。

結果判定までの時間

結果判定までの時間も比較しています:

時間 累積%
0-60秒 53%
180秒 83%
300秒 90%
600秒 95%
900秒 100%

 感想と考察

なかなか、網羅的で面白い研究でした。英語論文でも十分、いいところにいけたんじゃないでしょうか。

同じような研究で、機械学習とか取り入れてみると、さらに面白そうですね。

Dr.KID
Dr.KID
最近は、機械学習を取り入れた研究増えてますね。CARTやRandom forestあたり、良いオプションかと思います。

まとめ

今回はインフルエンザの臨床診断と、迅速検査のタイミングを検討した研究です。

症状から臨床診断をするのはやや困難です。一方で、迅速診断は、少なくとも6時間、できれば24時間ほど経過してからの方が良さそうです。

マミー
マミー
いつ頃受診するのが良いのでしょうか?

Dr.KID
Dr.KID
個人的には発熱後、24時間してからが良いでしょう。

まとめ

  •  インフルエンザの診断に関する妥当性の研究
  •  臨床診断でインフルとその他の風邪を見分けるのはやや困難かも
  •  迅速検査は少なくとも6〜24時間は経過してから

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。