新生児

【新生児】赤ちゃんのバイタルサインなど【呼吸・循環・体温・排泄】

  • 『赤ちゃんの呼吸、早くないですか?』
  • 『新生児の心拍数ってこんなに早いものですか?』
  • 『1日に何回も排便しますが、これって普通ですか?』

など、赤ちゃんのバイタルサイン(呼吸・循環など)や排泄に関連した質問を受けることがあります。

これらの基準値は成人と小児で異なりますし、小児と新生児でも違いがあります。

このためか、成人領域の友人医師からも、質問されることすらあります。

 

今回は、新生児の呼吸・脈拍・体温や排泄について、みていきましょう。

新生児の呼吸・脈拍・体温について

 生まれたばかりの赤ちゃんは、心臓も肺も小さい

赤ちゃんは生まれたばかりは心臓も肺もとても小さな臓器です。

このため、大人とくらべて脈拍も呼吸数も早いです。

大人のように1回で多くの量を呼吸したり、心臓から血液を送り出すことができないので、回数を増やすことで適応しようとしています。目安としては

  • 呼吸数は1分間に40回くらい
  • 心拍数は1分間に120〜140回くらい

となります。

泣いたり、授乳をした後は、呼吸数や心拍数はさらに速くなります。

 

 新生児の体温について

体温は大人と同じですが、皮膚の構造が

  • 大人より薄い
  • 皮下脂肪が少ない
  • 体温調節がうまくできない

といった特徴があります。

このため、大人と異なり、環境の温度に非常に左右されやすいです。

暑すぎたり、寒すぎたりしないように、室内を適温(約20〜25どくらい)に保ってあげるとよいでしょう。

 生後まもない赤ちゃんは手足が冷たくなることがあります

血液の循環が大人ほどしっかりしていないため、手足だけが冷たくなることはよくあります。

背中やお腹など体幹部を触ってみて、温かいのであれば、心配しなくてよいと思います。

 

新生児の排泄について

 新生児のうんち

生まれた後、最初に出るうんち(胎便)は、黒っぽい色で、ネバネバしていることが多いです。

  • 胎児の時に飲み込んだ羊水
  • 腸の粘膜の表層

が排泄されているだけですので、臭いがあまりありません。

母乳を飲み始めると、うんちの色は少しずつ変化してきます。

徐々に黄色くなり、甘酸っぱい匂いが出てくるようになります。

時に、粘液や緑色のうんちが混ざってくることがありますが(移行便)、これは黄色いうんちになる前段階のことが多いです。

 新生児のおしっこについて

生まれてすぐの排尿は、濃い黄色のことが多いですが、徐々に色は薄くなってきます。

排尿の回数も、1日に10回以上が多いです。

時に尿の色がピンク色のことがあります。

ほとんどケースでは、尿の中に出てきた尿酸塩のことが多く、あまり心配いらないことが多いです。

 

まとめ

今回は新生児の呼吸・循環・排泄について、いろいろと解説してきました。

次回は、新生児のへその緒や体重の変化などを解説していこうと思います。

 

続きはこちら↓↓

 

 

◉ 育児の不安解消には、森戸先生の書かれた書籍が最も優れています。とてもオススメですので、不安解消に、是非、読んでみると良いでしょう。

新装版 小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK (専門家ママ・パパの本)

新装版 小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK (専門家ママ・パパの本)

 

 

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。