科学的根拠のある子育て・育児

トイレトレーニング方法 [Early Elimination Methodについて]

トイトレの方法の1つに「Early Elimination Method」というのがあるようです。

その名の通り、早期にトイトレを開始する方法で、おそらく古い方法と思うのですが、かなり問題点がありそうなので、個人的には推奨しない方法です。

この方法の目的

1歳では、子供は

  • 排泄をコントロール
  • 歩行
  • 簡単な要求を言葉にすること

が期待される。

と考案者らは考えているようです。ですが、実際に1歳では排泄コントロールは難しく、要求を言葉にするのが難しい小児もかなり多いです。前提からやや無理な状況なので、以下の手順は「こういうやり方があったのか…」くらいに見ておくと良いでしょう。

Dr.KID
Dr.KID
過去の方法は、厳格にやりすぎな方法が多いです。

トイトレの方法

具体的な方法をここに列挙します(推奨ではありません):

  1.  トイトレは2〜3週から始める
  2.  哺乳語など子供が排泄が必要と感じた時、母親と一緒に(膝の上など)座らせる
    (しかも、なぜか屋外でと書かれている)
  3.  体を支え流れ便器に一緒に座り、母が「シュー」という声を出す。このことで、排尿とトイレを関連付けさせる
  4.  もし排尿したら、子供を褒めてあげる
  5.  これを繰り返すことで、4〜5ヶ月には「排尿をしたい」とコミュニケーション可能となると予想される
  6.  排便に関しては、母は膝を曲げて座り、乳児は母の方を向いて母の下肢で支えらレ、母の足の上にある。もしこの状態で排便したら、褒めてあげる。
  7.  一連の行為で、母親は乳児の動作、皮膚や筋肉の緊張を読み取ることが求められている。また、排尿や排便をしたいとき、しかめっ面をしたり、呻き声を出したりする癖を読み取ることが必要
  8.  失敗はつきもので、気にすることはなく、すぐに綺麗にすれば良いだけのこと
  9.  1歳を過ぎたら、生活区域や庭で排泄するのは望ましくないと考える
Dr.KID
Dr.KID
あまりにひどいやり方で、過去にこういう方法があったのかと考えると、辛いですね。

 感想と考察

この「Early Elimination Method」ですが、問題だらけです。

まず、生後2〜3週からトイトレと書いてありますが、新生児を危険な体位にする可能性があります。
また、4〜5ヶ月には排泄の意志を伝えられる、など、発達の面から考えづらい内容になっています。

さらに「母親が子供の表情、皮膚や筋肉の緊張から排泄を読み取る」など、書かれています。千差万別のお子さんなので、皆さんが読み取れるわけではないでしょうし、それが悪いことだとは私は思いません。

原文中には「罰を与える」「警告する」といったネガティブな用語も書かれています。厳しすぎるトイトレ、発達の成熟に見合っていないトイトレは、虐待のきっかけにもなり得ますので、そういった視点からもこの方法を支持することはできません。

まとめ

今回は「Early Elimination Method」というトイトレ方法を解説してみました。

古典的なやり方で、問題点が非常に多い方法ですので、個人的には全く推奨できないです。

 

 

当ブログの注意点について

Dr.KID
Dr.KID
当ブログは医療関係者・保護者の方々に、科学的根拠に基づいた医療情報をお届けするのをメインに行なっています。参考にする、勉強会の題材にするなど、個人的な利用や、閉ざされた環境で使用される分には構いません。

Dr.KID
Dr.KID
一方で、当ブログ記事を題材にして、運営者は寄稿を行なったり書籍の執筆をしています。このため運営者の許可なく、ブログ記事の盗用、剽窃、不適切な引用をしてメディア向けの資料(動画を含む)として使用したり、寄稿をしないようお願いします。

Dr.KID
Dr.KID
ブログの記載やアイデアを公的に利用されたい場合、お問い合わせ欄から運営者への連絡お願いします。ご協力よろしくお願いします。

ABOUT ME
Dr-KID
Dr-KID
このブログ(https://www.dr-kid.net )を書いてる小児科専門医・疫学者。 小児医療の研究で、英語論文を年5〜10本執筆、査読は年30-50本。 趣味は中長期投資、旅・散策、サッカー観戦。note (https://note.mu/drkid)もやってます。
RELATED POST